30日 太平洋側は春の暖かさ続く 北海道は大雪警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

30日 太平洋側は春の暖かさ続く 北海道は大雪警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょう30日は、次第に冬型の気圧配置になるでしょう。北海道では大雪に警戒が必要です。日本海側は大気の状態が不安定で、雨や雷雨の所がありそうです。一方、太平洋側はおおむね晴れて、春のような暖かさが続くでしょう。

北海道は大雪に警戒

きょう30日は低気圧が北海道の東に進み、次第に冬型の気圧配置になるでしょう。北海道ではあす31日にかけて太平洋側東部やオホーツク海側を中心に湿った重たい雪が降り、大雪となりそうです。一気に積雪が増えるでしょう。非常に強い風が吹いて、猛吹雪になる所もありそうです。交通機関への影響に警戒してください。東北の日本海側と北陸から山陰、九州にかけては大気の状態が不安定になりそうです。雨や雪が断続的に降り、雷を伴う所があるでしょう。一方、関東から四国にかけて太平洋側を中心に大体晴れる見込みです。沖縄は昼前から雲が広がるでしょう。夜は所々で雨が降りそうです。

きょうも春のような暖かさに

きのうは東海や関東などで最高気温が20度近くまで気温が上がりました。栃木県佐野市では20.0度、埼玉県鳩山町では19.9度と、関東を中心に10地点で1月としては統計開始以来、最も高くなりました。きょうの最高気温は、関東から九州はきのうより低いものの、平年よりは高いでしょう。関東では15度以上の所が多くなりそうです。各地で3月から4月上旬並みの春のような暖かさが続くでしょう。一方、那覇では15度と、今シーズンこれまでで最も低くなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい