18日関東の大雪 都心も積雪 交通機関の影響も注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

18日関東の大雪 都心も積雪 交通機関の影響も注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


18日(土)の大学入試センター試験初日は、関東甲信地方で大雪の恐れがあります。東京都心でも積雪になる可能性がありそうです。交通機関の乱れに十分にご注意ください。

センター試験初日は大雪に

南岸低気圧が発達しながら日本の南を進む影響で、18日(土)の大学入試センター試験初日は、関東甲信地方で大雪の恐れがあります。

関東甲信地方の上空約1500メートル付近には、-6℃前後の寒気が流れ込む見込みです。

南岸低気圧の降水域が関東甲信地方を通過する際に、この寒気が流れ込むため、関東甲信地方の山沿いでは大雪になる可能性があります。

さらにこの寒気は平地でも積雪をもたらし、東京都心でも雪が積もるかもしれません。

関東で大雪 沿岸部は強風にも注意

雪のエリアは、白く塗りつぶされているエリアです。

ただし、低気圧の中心位置が微妙にずれたり、予想よりも気温が低くなったりすると、さらに広い範囲で雪が降る可能性があります。油断は禁物です。

また、発達した低気圧が近づくことにより、沿岸部では風が強まります。波が高くなり、大しけとなる可能性もありますので、十分にご注意ください。

関東地方の予想降雪量

関東甲信地方で予想されている降雪量は、いずれも多いところで以下の通りです。

甲信地方 20センチ

関東地方の山沿い 10センチ

関東地方の平野部 5センチ

予想より降水量が多くなり、気温が低くなった場合には、さらに降雪量が増える可能性がありますのでご注意ください。

東京都心でも積雪か 交通機関の乱れに要注意

さらに、東京都でも各地で降雪量が予想されています。

東京都で予想されている降雪量は、いずれも多いところで以下の通りです。

多摩西部 5センチ

多摩北部、多摩南部 3センチ

東京23区 1センチ

交通機関に大きく影響が出る可能性もあります。

明日センター試験を受験される方はもちろん、その他の外出される方も早め早めの行動を心がけてください。

また、明日は日中でも気温が低いです。雪が止んだ後も、なかなか雪が解けないことが予想されます。足元には十分に注意して歩くようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい