今までと違う 大晦日に強烈寒気 その後も寒気度々 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今までと違う 大晦日に強烈寒気 その後も寒気度々

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


大晦日から元日は、強い寒気が流れ込み、北海道から北陸を中心に大荒れの恐れがあります。そればかりか、元日以降も日本付近に寒気が流れ込みやすい状態が続く見込みです。

31日(火)大晦日 今季最も強い寒気流入へ

31日(火)大晦日は、北海道付近を低気圧が発達しながら東へ進み、日本付近は次第に西高東低の冬型の気圧配置になるでしょう。大陸から寒気が流れ出します。上空1500メートル付近で氷点下6度以下の寒気が、北海道など北の地域より先に中国地方に入り、次第に本州をすっぽり覆うでしょう。降水があれば、平地で雪の目安とされる寒気です。北陸には一時的に氷点下12度以下の、今季最も強い寒気が流れ込む見込みです。このため、日本列島に季節風が吹きつけ、日本海で発生した雪雲が、次々に北海道や本州に流れ込むでしょう。北海道や東北北部では、雪雲は山を越えて、太平洋側にも流れ出す見込みです。北海道から北陸を中心にふぶいて、大荒れの恐れがあります。北海道と本州の高い山では、猛烈にふぶき、初日の出登山は危険です。中止を視野に入れた計画の見直しが必要です。

1月1日(水)元日 全国的にお正月らしい寒さ

1日(水)元日は、発達した低気圧は千島近海で動きが遅くなるでしょう。北日本を中心に冬型の気圧配置が続きます。北海道から北陸を中心に、日本海からの雪雲の流れ込みが続くでしょう。関東から九州では、風は収まる見込みです。それでも、全国的にお正月らしい寒さでしょう。暖かくしてお過ごし下さい。

これまでと違う!

今季は、これまで冬型の気圧配置になっても、長く続くことがありませんでした。ところが、大晦日以降は、状況が変わります。1日(水)元日に千島近海に達した低気圧は、3日(金)頃にかけて動きが遅くなる見込みです。日本付近は冬型の気圧配置になりやすいでしょう。4日(土)から5日(日)にかけても、このような傾向です。このため、日本付近に寒気が流れ込みやすい状態が続くでしょう。上空1500メートル付近で氷点下6度以下の寒気は、5日(日)にかけても北陸付近まで覆ったままで、北海道付近には度々強い寒気が流れ込む見込みです。北海道から北陸を中心に、日本海から雪雲が流れ込む日が多いでしょう。近畿の日本海側や山陰にも、日本海で発達した雨雲がかかる日がある見込みです。北海道から九州の太平洋側の地域では、晴れて空気の乾燥する日が多くなるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい