中国地方 来週はいったん、寒さは一休み 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国地方 来週はいったん、寒さは一休み

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう6日(金)は松江、鳥取で初雪の便りがあり、中国山地では積雪した所もありました。7日(土)は所々で雨や雪が降るでしょう。山間部では路面の凍結や積雪に注意が必要です。8日(日)は山陽で晴れて、日差しのぬくもりが感じられそうです。来週は、これまでの寒さはいったんおさまり、11月中旬から下旬並みの暖かさが戻る見込みです。

7日(土)雨具があると安心

7日(土)の中国地方は気圧の谷が通過する影響で、午前中は西部を中心に雨や雪の降る所がある見込みです。午後は日本海からのびる寒冷前線が通過するため、東部を中心に雨の降る所があるでしょう。お出かけの際は雨具があると安心です。また、洗濯物の外干しにもお気を付けください。気温は、朝晩は内陸部で0度前後の冷え込みになる見込みです。このため、中国山地沿いでは路面の凍結に注意が必要です。日中の最高気温も10度前後の所が多く、日差しも少ないため寒いでしょう。

8日(日)山陽では日差しのぬくもりが感じられる

8日(日)の中国地方は大陸から張り出す高気圧に覆われて、山陽は大体晴れる見込みです。一方、山陰や中国山地沿いは冷たい空気の影響で雲が広がりやすく、にわか雨の所があるでしょう。朝は放射冷却の影響で、山陽で冷え込む見込みです。一方、日中の最高気温は山陽南部で15度近くになり、日差しのぬくもりが感じられるでしょう。来週の火曜日、水曜日の日中の最高気温は中国地方各地で15度前後になり、11月中旬から下旬並みの暖かさになる見込みです。来週はいったん、これまでの寒さは一休みとなるため、天気の良い日は年末に向けての大掃除をしておくのも良いかもしれません。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい