二つの台風が列島へ 本州の南に延びる前線も北上 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

二つの台風が列島へ 本州の南に延びる前線も北上

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


20号は明日21日に沖縄、奄美に接近する見通し。21号は25日頃に非常に強い勢力で小笠原近海へ進む見通し。

台風20号 暴風域を伴って沖縄、奄美地方に接近の恐れ

台風20号は午前6時現在、沖縄の南を時速20キロで北北東へ進んでいます。中心の気圧は970ヘクトパスカルで「強い」勢力です。きょう20日(日)も北上を続け、あす21日(月)には沖縄と奄美に暴風域を伴って接近する恐れがあります。沖縄や奄美では強風や高波、大雨による土砂災害や低い土地の浸水などに注意が必要です。
※暴風域とは台風の周辺で、平均風速が25メートル以上の風が吹いているか、吹く可能性のある領域(地形の影響などがない場合に)のことです。通常、その範囲を円で示します。
【予想される風】
あす21日(月)にかけて予想される最大瞬間風速は
沖縄地方30メートル、奄美地方25メートル
【予想される波】
あす21日(月)にかけて予想される波の高さは
沖縄地方5メートル、奄美地方4メートル
既に先島諸島ではシケており、波は本島地方で高く、大東島地方ではやや高くなっています。本島地方も今夜遅くからあす21日(月)にかけてシケとなる見込みです。大東島地方では今夜から波が高くなり、あす21日(月)の明け方からシケとなる見込みです。
【予想される雨の強さ】
あす21日(月)にかけて沖縄の本島地方は1時間に40ミリの激しい雨
バケツをひっくり返したように降り、道路が川のようになることがあるでしょう。
【予想される雨量】
あす21日(月)の午前6時までの24時間に予想される雨量は(多い所で)
沖縄地方100ミリ、奄美地方50から100ミリ
きょう20日(日)の昼過ぎから局地的に雷を伴った激しい雨が降る見込みです。

本州の南に停滞している前線 台風20号に押される形で北上

台風20号は沖縄や奄美へ接近した後も北東へ進む見通しです。台風の北上に伴って本州の南に停滞している前線も北上するでしょう。前線に向かって台風周辺の湿った空気が流れ込みます。22日(火)は中国・四国から東北南部にかけての広い範囲で雨が降り、雨脚の強まる所があるでしょう。台風19号による豪雨の被災地も活発な雨雲がかかる恐れがあります。

台風21号 小笠原近海へ進む頃には非常に強い勢力に

台風21号は水温が平年より高い海域を進み、エネルギーを補給しながら、25日(金)頃には非常に強い勢力で小笠原近海へと進む見通しです。今後も最新の情報をこまめに確認してください。台風から離れていても湿った空気の流れ込みが続くため、前線周辺での雨雲の発達具合も注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい