九州 台風19号 海上は暴風・高波に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 台風19号 海上は暴風・高波に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


11日(金)、大型で非常に強い台風19号が本州の南海上を北上しており、九州も海上から台風の影響がでてきています。12日(土)午後は、台風19号が非常に強い勢力で、東日本にかなり接近し上陸するおそれがあります。九州も台風の影響があり、油断ができません。12日(土)は、海上や沿岸は暴風のおそれがあり、うねりを伴い大しけになる所があります。海上や沿岸は暴風や高波に警戒して下さい。

台風19号の進路と九州への影響

11日(金)正午現在、大型で非常に強い台風19号は、本州の南海上を時速25キロで北北西に進んでいます。台風を取り巻く雲が大きく、台風周辺の雲がすでに九州から本州にかかり始めています。また、九州の沿岸から風がやや強まり、太平洋側の海上はしけてきています。
台風19号は、12日(土)も非常に強い勢力を保ったまま北上し、午後は東日本へかなり接近し上陸するおそれがあります。九州は、台風の中心が離れた所を通りますが、気圧の傾きが大きくなるため、11日(金)から北よりの風が強まり、12日(土)は海上や沿岸を中心に北よりの風が非常に強く吹くでしょう。暴風やうねりを伴う高波に警戒・注意が必要です。

九州 警戒時間帯

台風19号の接近に伴い、暴風や高波に警戒が必要な時間帯です。
九州南部は、11日(金)は次第に北よりの風が強まり、12日(土)の明け方から昼前にかけて海上や沿岸を中心に暴風のおそれがあります。最大瞬間風速30m/s前後の突風が予想されます。また、九州南部の海上は、11日(金)夕方から12日(土)昼前にかけて波の高さが6メートルと大しけになるでしょう。
九州北部は、11日(金)から次第に北よりの風が強まり、12日(土)朝から夜にかけて沿岸海上は暴風となる所があるでしょう。最大瞬間風速は25~30m/sの見込みです。
また、九州北部の海上は、11日(金)は急に波が高くなり、12日(土)から13日(日)朝にかけてうねりを伴い波の高さが6メートルと大しけとなる所があります。
台風が離れた所を通っても、大型で非常に強い勢力で本州へ接近するため、九州でも台風の影響を受けますので、油断しないようにしましょう。特に、船や釣りなど警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい