8日は日本海側で大雨のおそれ 東北 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

8日は日本海側で大雨のおそれ 東北

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


7日は天気下り坂へ。8日は雨や雷雨で、日本海側では大雨のおそれも。7日の肌寒さから一転、8日は南部で蒸し暑さ戻る。

8日は日本海側で大雨のおそれ

今夜から8日朝にかけて、前線を伴った低気圧が対馬海峡から秋田沖まで進んでくる予想です。
きょう7日午後は南部から天気が下り坂で、あす8日は東北地方の広い範囲で断続的に雨が降るでしょう。8日の午前を中心に活発な雨雲がかかる所がありそうです。特に日本海側では大気の状態が不安定となって、雷を伴ったり土砂降りの雨となったりするおそれがあります。
7日現在、青森県の津軽と秋田県、それに山形県の庄内には、大雨に関する「早期注意情報(警戒レベル1に相当)」が出ています。8日は日本海側を中心に大雨となるおそれがあります。今後発表される最新の気象情報に注意するなどして、7日のうちから災害への心構えを高めていきましょう。

8日は南部で夏日復活

あす8日は低気圧に向かって南からは暖かく湿った空気が流れ込んできます。このため、低気圧の南側に位置する南部では最高気温が25度くらいまで上がり、夏日が復活しそうです。
きのう6日ときょう7日は北東から冷たく湿った風が吹き込み、肌寒いくらいですが、8日はお部屋の中を中心にムシムシ感が戻るでしょう。エアコンを除湿モードしたり、通気性のよい洋服を選んだりするとよさそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい