九州 三連休は荒れた天気 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 三連休は荒れた天気

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


台風17号の接近で、九州北部を中心に大荒れの天気になる恐れがあります。台風に対する備えは早めにしておきましょう。

台風17号が発達しながら東シナ海を北上へ

20日(金)正午現在、大型の台風17号は沖縄の南海上にあり、ゆっくりと西北西に進んでいます。台風は今後発達しながら北上し、あす21日(日)の午前中には、風速25メートル以上の暴風域を伴いながら沖縄にかなり接近する見込みです。台風はその後も発達を続けながら東シナ海を北上し、22日(日)朝には九州の西の海上まで達する見込みです。台風はその後進路を北東に変えて進み、22日(日)の夜には対馬海峡付近を通過し、23日(月)秋分の日には日本海に進むでしょう。

日曜日を中心に荒れた天気に

20(金)正午現在、台風が予報円の中心を通った場合、台風が九州に最も接近するのは、日曜日の夕方から夜になる見込みです。風速25メートル以上の暴風域も伴う見込みで、長崎県の五島地方や壱岐・対馬地方を中心に、暴風域に入る地域があるでしょう。
また、風速15メートル以上の強風域に入るのは、九州南部では土曜日の昼前、九州北部では土曜日の午後になるでしょう。強風域から抜けるのは、九州南部で月曜日の昼頃、九州北部では月曜日の昼過ぎから夕方になる見込みです。

台風に対する備えを早めに

三連休の九州は、台風17号の接近に伴い、海上を中心に暴風が吹き大しけとなる所が多いでしょう。台風17号は強風域が大きく、また九州は台風の進路の右側に入るため、長時間強い風が吹く恐れがあります。そして、台風の接近に先立って活発な秋雨前線があすには九州を北上するでしょう。台風や台風周辺の湿った空気、活発な秋雨前線の影響で、あすから雨が強まり三連休にかけて大雨の恐れがあります。
海上を中心に暴風やうねりを伴った高波に警戒をしてください。
低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒してください。
家の周りの飛ばされそうな物は片づけたり、排水溝の掃除や雨どいの点検などを行い、台風に備えておきましょう。また、事前に避難場所や避難経路の確認、いざという時の連絡方法なども家族などと確認しておくと良いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい