あす 強雨エリア太平洋側に 滝のような雨に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす 強雨エリア太平洋側に 滝のような雨に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


あす(30日)にかけて活動が活発な秋雨前線がゆっくり南下する予想です。発達した雨雲が太平洋側を中心にかかるでしょう。局地的に滝のような非常に激しい雨が降り、大雨となりそうです。

きょう(29日)も非常に激しい雨

きょう(29日)も秋雨前線が九州北部から北陸、日本の東に停滞しています。九州北部や中国地方、北陸など日本海側を中心に活発な雨雲がかかり、山口県萩市で1時間に55.0ミリ(5時29分まで)の滝のような非常に激しい雨が降りました。

あす(30日)は強雨エリアは太平洋側に

あす(30日)にかけて、活動が活発な秋雨前線が日本付近をゆっくり南下する予想です。これまでより強雨エリアが南下し、太平洋側を中心に雨量が多くなるでしょう。九州から関東にかけて広く大気の状態が非常に不安定で、局地的に雷を伴って滝のような非常に激しい雨やバケツをひっくり返したような激しい雨が降り、大雨となりそうです。非常に激しい雨や激しい雨が降ると道路が一気に川のようになってしまうこともあります。

雨量の予想

30日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で近畿で180ミリ、九州北部、東海で150ミリ、九州南部や北陸、関東甲信で100ミリの予想です。その後、31日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、東海で100から150ミリ、九州南部、近畿、北陸で50から100ミリです。
土砂災害や河川の増水、氾濫、地下街など低い土地の浸水、道路の冠水に注意・警戒が必要です。記録的な大雨となっている九州北部では少しの雨でもさらなる災害につながる恐れがあり、引き続き厳重な警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい