西・東日本 28日朝まで大雨 土砂災害に厳重警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西・東日本 28日朝まで大雨 土砂災害に厳重警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


熱帯低気圧から変わった台風3号の影響で、西・東日本は、28日の朝まで大雨の恐れがあります。関東も、明け方には雨や風のピークを迎えそうです。

雨脚強まり 滝のような雨の所も

27日18時に熱帯低気圧から変わった台風3号は今後、温帯低気圧の性質をおびながら、本州南岸を東へ進む見込みです。
大雨のもとになる暖かく湿った空気をたっぷりと運んできているので、西・東日本では、28日朝にかけて、局地的にカミナリを伴って非常に激しい雨が降りそうです。また、熱帯低気圧の北には、梅雨前線があるため、東北地方でも雨脚が強まり、大雨になるでしょう。
28日18時までの24時間に予想される降水量は、いずれも多い所で、東海地方や近畿地方150ミリ、東北地方と関東甲信地方、四国地方で120ミリとなっています。また、雨だけでなく、太平洋側の沿岸部では風も強まるでしょう。
これまでの雨により、すでに大雨になっている所もありますので、少しの雨でも土砂災害には厳重な警戒が必要です。低い土地の浸水や川の増水にも警戒して下さい。雨がいったん弱まっても、斜面や増水した川には、近づかないで下さい。また、大気の非常に不安定な状態が続きますので、落雷や竜巻などの突風、強風や高波にご注意下さい。

関東 雨のピークは? 午後も天気の急変に注意

関東では、発達した雨雲がかかるのは、南部の沿岸部が中心でしょう。沿岸部ほど風も強まり、雨や風のピークは明け方になりそうです。朝早い時間にお出かけの方は、傘があおられたりすることも考えられますので、時間に余裕をもってお出かけ下さい。
まとまった雨雲は、28日朝には関東の東へ遠ざかりますが、関東では、28日の午後も、湿った空気が流れ込んだり暑くなったりする影響で、大気の状態が不安定でしょう。局地的に雨雲が発達することも考えられますので、天気の急な変化に注意するとともに、お出かけには念のために傘をお持ち下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい