27日 熱帯低気圧は台風に 梅雨前線は活動が活発化 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

27日 熱帯低気圧は台風に 梅雨前線は活動が活発化

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


27日(木)、九州や四国は、太平洋側を中心に雨が非常に激しく降る。近畿や東海も、夜は激しい雨。東北も日本海側を中心に発達した雨雲がかかる。九州から東北で大雨の恐れ。
奄美大島の南東海上にある熱帯低気圧は、今後発達して、28日の朝までに台風になる見込み。

きょうの天気

27日(木)午前6時現在、奄美大島の南東海上を熱帯低気圧が北北東へ進んでいます。熱帯低気圧は、次第に進路を北東へ変え、九州の東を通って夜には四国沖に進む予想です。あす(28日)の朝までに、台風になる見込みです。
梅雨前線は、夜には東北地方まで北上し、活動が活発になるでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込みます。九州から東海にかけて大気の状態が非常に不安定になるでしょう。また、北海道を寒冷前線が通過する見込みです。
【各地の天気】沖縄は、雲に覆われて、昼過ぎから雨が降ったり止んだりでしょう。雷が鳴り、雨脚が強まることがある見込みです。これまでに降った大雨で地盤が緩んでいる所があります。夜遅くまで土砂災害に注意して下さい。
九州の雨は強弱を繰り返し、東シナ海側は昼過ぎにかけて、太平洋側は夕方にかけて続くでしょう。雷が鳴り激しく降る所がある見込みです。太平洋側では、滝のような雨が降る所があるでしょう。
四国は、夜にかけて断続的に雨が降る見込みです。所々で雷を伴って非常に激しく降るでしょう。
中国地方も、雨が降り、雷が鳴る所がある見込みです。広島や島根では、昼過ぎにかけて雨が激しく降る所があるでしょう。
近畿も、雨が降る見込みです。雨のピークは夜です。特に紀伊山地の南東斜面に発達した雨雲がかかるでしょう。雷が鳴り傘を差していてもぬれてしまうくらいの雨が降る所がある見込みです。
東海は、雲が多く、三重や愛知、岐阜では、午前中から雨が降るでしょう。夜は各地とも雨が降り、局地的に雷を伴って、激しく降る見込みです。
関東も、雲に覆われて、スッキリしない空模様でしょう。夕方から北部に雨雲がかかり始め、夜は広く雨が降る見込みです。強く降るは、日付が替わる頃からとなりそうです。
北陸は、雨が降ったり止んだりでしょう。新潟では、午後は雷が鳴り、雨脚が強まる所がある見込みです。夜は雨が激しく降る所があるでしょう。
東北は、日差しが届いている太平洋側でも次第に雲が多くなる見込みです。日本海側では昼頃から雨が降り出し、太平洋側でも次第に雨が降る見込みです。夕方以降は、日本海側を中心に雷を伴って激しい雨が降る所があるでしょう。
北海道は、午前は日差しが届く所がありますが、雲が広がりやすいでしょう。一時的に雨が降る所がある見込みです。道北では雷が鳴る所があるでしょう。

予想される雨量と最大瞬間風速

九州から東北で、大雨となる恐れがあります。
あす(28日)の午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
四国250ミリ、東海、近畿200ミリ、九州南部130ミリ、東北、関東甲信、九州北部120ミリ、北陸、中国地方100ミリです。
大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。
沖縄、九州から近畿は強風に注意が必要です。東海から関東も夜は風が強まるでしょう。あすにかけて予想される最大瞬間風速は、
関東甲信、東海、近畿、九州北部、中国地方25メートル、四国、九州南部、奄美、沖縄23メートルです。

きょうの最高気温

最高気温は、平年並みか高い所が多いでしょう。那覇29度、鹿児島27度、福岡29度、高知26度の予想です。広島26度、松江27度、大阪28度、名古屋27度で、きのう(26日)より低くなるでしょう。東京28度の予想で、きのうと同じくらいの見込みです。金沢29度、新潟25度、仙台27度、秋田26度、札幌26度の予想です。きのうと同じくらいでしょう。※2019年6月27日14時 概要文の一部に追記しました。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい