26日 四国など梅雨入り秒読みに 沖縄は熱低に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

26日 四国など梅雨入り秒読みに 沖縄は熱低に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう26日(水)は、本州付近は引き続き移動性の高気圧に覆われますが、梅雨前線が次第に北上する見込みです。九州北部や四国は、ようやく梅雨入りとなるかもしれません。また、熱帯低気圧が近づく沖縄は、荒れた天気となるおそれがあります。

きょうの天気(西日本) 激しい雨や雷雨に注意

梅雨前線の影響を受けるでしょう。九州と四国は次第に雨で、昼頃からは雷を伴って激しく降る所がありそうです。はじめ晴れる中国と近畿もだんだんと雲が広がります。午後になると雨雲や雷雲のかかることがあるでしょう。空模様の変化にご注意下さい。なお、九州北部や四国などは、この雨でようやく梅雨入りとなるかもしれません。最高気温は27度くらいの所が多く、蒸し暑さが続くでしょう。

きょうの天気(東・北日本) 貴重な晴れ間

日中は広い範囲で晴れるでしょう。強い日差しが照りつけ、最高気温は東海から東北は30度前後、北海道も真夏日となる所がありそうです。厳しい暑さとなるため、熱中症にお気を付け下さい。一方、夜は東海や北陸の所々でにわか雨がありそうです。なお、あすは雨の降る所が多いため、きょうの日差しを有効にお使い下さい。

沖縄は土砂災害などに警戒

沖縄には熱帯低気圧が近づいています。この熱帯低気圧は次第に勢力が強まり、台風となる予想です。特に、沖縄本島地方では、このあと雨や風が強まり、1時間に50ミリの非常に激しい雨が降ることがあるでしょう。あす朝までの24時間に予想される雨量は、沖縄本島の多い所で180ミリです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。また、落雷や突風にも注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい