近畿や東海は今夜 関東はあす朝 激しい雨注意

tenki.jp

今夜(28日)は近畿や東海で局地的に激しい雨が降るでしょう。関東はあす(29日)朝にかけて本降りの雨となり、激しく降る所も。

激しい雨注意

寒冷前線が北日本や東日本を南下しています。また、本州の南に停滞前線が延びています。このあと、停滞前線上に低気圧が発生し、あす(29日)朝にかけて関東沖を進むでしょう。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が入るため、大気の状態が不安定になりそうです。
近畿は今夜(28日)いっぱい、東海はあす(29日)明け方にかけて局地的に激しい雨が降るでしょう。関東も今夜は広く雨が降り、次第に本降りの雨に。あす(29日)朝の通勤時間帯も広く雨具が必要で、沿岸部では激しい雨の降る所もあるでしょう。激しい雨とはバケツをひっくり返したような雨で、道路が川のようになってしまうこともあります。落雷や突風、アンダーパスなど低い道路の冠水にご注意下さい。沿岸部を中心に風もやや強く、雨がナナメに降りそうです。丈夫な傘やタオルがあると良さそうです。

蒸し暑い

日中は天気の回復する所が多く、晴れ間もでるでしょう。最高気温は関東から西は30度近くまで上がりそうです。先週末のような極端な暑さはありませんが、湿気も多く、蒸し暑く感じられそうです。こまめに水分をとるなど、熱中症にご注意下さい。

雲が多く、蒸し暑い

30日(木)以降も前線が日本の南に停滞しやすく、沖縄は梅雨空が続くでしょう。九州から関東も雲が広がりやすく、すっきり晴れる日は少なくなりそうです。関東から西では最高気温は30度くらいまで上がって、蒸し暑い日が多いでしょう。風通しのよい服装が良さそうです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック