暴風のおそれ 交通機関の乱れに注意 東北 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

暴風のおそれ 交通機関の乱れに注意 東北

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像D

画像D


16日(土)から17日(日)にかけては風が強まるおそれがあります。お出かけの際は、気象情報や交通情報を御確認の上、時間に余裕を持って行動しましょう。

16日(土)交通機関の乱れに注意

低気圧が北日本を通過するでしょう。東北地方は、上空の寒気と湿った空気が流れ込む影響で、大気の状態が不安定になりそうです。また、南から近づく低気圧は三陸沖で発達する予想です。このため、明け方にかけて、日本海側や北部では山沿いを中心に雪や雨の降り方が強まるところがあるでしょう。日本海側では雷を伴うおそれがあり、落雷や突風に注意が必要です。太平洋側や南部でも午前中を中心に雨や雪の降るところが多いでしょう。また西から北よりの風が次第に強まり、交通機関が乱れる可能性があります。お出かけの際には気象情報や交通情報を確認しながら、時間にゆとりを持った行動を心がけましょう。

17日(日)日本海側を中心に雪

北日本を中心に冬型の気圧配置になるでしょう。上空1500メートル付近には平年よりも3度くらい低い2月中旬並みの寒気が流れ込む予想です。日本海側を中心に雪や雨が降り、太平洋側も晴れ間はありますが、変わりやすい天気でしょう。山沿いを中心に雨や雪のところがあり、西よりの風が冷たいでしょう。

暖かくしてお過ごしください

16日(土)は、寒気の影響で、午後は次第に気温が下がるでしょう。日中の最高気温は10度に届かないところが多く、強まる風の影響で実際の気温より寒く感じられそうです。また、16日夜から17日朝にかけては氷点下になるところがあるでしょう。17日(日)の最高気温も北部を中心に16日(土)よりも低いところが多くなる予想です。暖かくしてお過ごしください。

彼岸の入り 18日(月)は広く晴れ

週明け18日(月)は高気圧に覆われて、東北地方は広く晴れる見込みです。彼岸の入りで、来週はお墓参りへ行かれる方も多いかもしれません。日差しとともに気温もグッと上がってくるでしょう。20日(水)にかけては晴れの天気で、南部では5月上旬並みの気温になるところもありそうです。空気が乾燥しそうですから、お墓参りの際には火の取り扱いにはくれぐれもお気をつけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい