気温上昇 長野の菅平で朝との気温差25度以上

tenki.jp

9日(土)、朝は九州から関東の内陸を中心に冷え込んだ所がありました。日中は九州から北海道にかけて日差しが届き、気温がグングンと上昇。長野県の菅平では朝と日中の気温差は25度以上となりました。

朝はヒンヤリ 日中は暖かな日差し

きょう9日(土)、本州付近は移動性の高気圧に覆われています。けさは九州から関東の内陸を中心に真冬並みの冷え込みとなった所がありました。日中は九州から北海道にかけてたっぷりの日差しが届き、気温はグングンと上がりました。東京の練馬の最低気温は0度4分で、午後2時までの最高気温は17度7分など、朝と日中の気温の差は15度以上となった所が多くなりました。長野県の菅平では最低気温は氷点下17度9分で、午後2時までの最高気温は7度2分と、その差は25度以上と大変大きくなりました。

晴れる日は寒暖の差に気をつけて

春に一日の気温の変化が大きくなる原因の一つは、移動性の高気圧に覆われてよく晴れるため。このような日は、夜から朝にかけて地上から熱が奪われる放射冷却が強まり、冷え込みます。日中は強まってきた日差しとともに気温がグッと上昇して、寒暖の差が大きくなるのです。暖かな日差しを感じることが多くなってはくるものの体調を崩しやすい季節です。お気をつけ下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック