3月最初の週末 天気ゆっくり下り坂 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

3月最初の週末 天気ゆっくり下り坂

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


3月になって最初の週末、土曜日は広く晴れますが、天気は西からゆっくりと下り坂。日曜日は雨の所が多くなるため、お出かけや洗濯は、土曜日のほうがよさそうです。

2日(土) 西から雨

2日(土)は、高気圧が張りだして日本付近を広く覆いますが、大陸からは前線が延びて、九州に近づく見込みです。このため、天気は西からゆっくりと下り坂でしょう。沖縄では日の差す時間があるものの、雲の多い天気が続きそうです。九州では南部から次第に雲が増えて、夜になると鹿児島から福岡にかけて広い範囲で雨が降るでしょう。四国と中国地方では、夕方からだんだんと曇り空に変わりますが、雨や雪の降る所はなさそうです。日中は大体晴れますので、洗濯物を外へ干せるでしょう。近畿から関東、北陸3県では、おおむね晴れる見込みです。新潟は朝まで雨や雪の降る所がありますが、日中はやんで日が差すでしょう。東北と北海道では、雪の降る所は少なく、昼頃からは晴れ間が広がる見込みです。
最低気温は九州から北陸、関東にかけては、きょうと同じか低いでしょう。平年並みか高い見込みです。東北と北海道ではきょうより高い所が多く、朝の冷え込みは少し緩むでしょう。最高気温は那覇で25度と、夏日の予想で、昼間は汗ばむくらいになりそうです。鹿児島と福岡、高知は16度、広島と大阪は15度と、西日本では15度から16度くらいまで上がる所が多い見込みです。春物のコートで、お出かけができるでしょう。名古屋は16度、東京は15度、金沢は11度、新潟は12度と、それぞれ平年よりも高く、日中は日差しが暖かい見込みです。仙台は11度、札幌と釧路は3度の予想です。

3日(日) 雨の範囲東へ広がる

今週は、低気圧と高気圧が本州付近を交互に通過して、天気の移り変わりが早くなっています。来週にかけても、短い周期で天気が変わりそうです。3日(日)は、高気圧の中心が早くも東の海上へと離れて、前線を伴った低気圧が西日本の南岸を東へ進むでしょう。このため、沖縄は雲が多く、午後は一時的に雨が降りそうです。九州と四国、中国地方は雨が降ったりやんだりで、局地的にザッと雨脚が強まるでしょう。近畿と北陸、東海では昼頃から、関東は夕方以降、雨の降る所が多くなりそうです。低気圧は発達しながら、陸地から近い南海上を進むため、西~東日本の太平洋側では、風が強まって、荒れた天気になる所があるでしょう。十分に注意して下さい。この低気圧や前線に伴う雨雲は、西~東日本を中心にかかるため、東北と北海道は、日中はおおむね晴れるでしょう。
最高気温は沖縄で25度と、半袖でも過ごせそうです。鹿児島は18度、福岡は15度、高知は14度の予想です。広島と大阪は12度、名古屋は13度と、ほぼ平年並みでしょう。東京は14度で、平年よりやや高い見込みです。新潟は11度、仙台は9度、札幌は7度と、日中は寒さが和らぐでしょう。気温は全国的に平年並みか高い見込みです。積雪の多い所では、なだれに注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい