花粉が一気に飛ぶ 急な雨も要注意 関東 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

花粉が一気に飛ぶ 急な雨も要注意 関東

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C

画像D

画像D

画像E

画像E


20日の関東地方は注意点がいっぱい。沿岸部の激しい雨、濃い霧、気温乱高下、花粉の飛散、そして夕方からのにわか雨です。

注意点その1 激しい雨

関東地方は19日(火)の夜遅くから20日(水)の未明にかけて大気の状態が非常に不安定になります。雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨の降る所があるでしょう。特に発達した雨雲や雷雲がかかりやすいのは、神奈川県、千葉県、茨城県です。夜遅い時間に屋外に出る方は、tenki.jpの雨雲の動きや豪雨レーダーをチェックするとよいでしょう。

注意点その2 濃い霧

20日(水)の雨上がりは、濃い霧の発生する所があるでしょう。19日(火)午後6時現在、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県に濃霧注意報が発表されています。昼頃にかけては濃い霧がかかって見通しの悪くなる所があるでしょう。

注意点その3 気温が急上昇・急降下

日中は広く日差しが降り注ぎ、気温が急激に上がります。最高気温は19日(火)より7度から10度くらい高くなり、20度を超える所もあるでしょう。今年一番の暖かさになる所もありそうです。次第に北風が強まるものの、昼間は風の冷たさは感じません。冬物のコートは邪魔になるくらいでしょう。ただ、日が暮れると北風が冷たくなり、気温がグングン下がります。特に内陸部は一日の気温の変化が大きくなりそうです。脱いだり着たり、調節しやすい服装でお出かけください。

注意点その4 花粉が一気に飛散

雨上がりで気温が上がり、風が強い日は花粉に要注意。関東ではこれまで南部を中心に花粉の飛び始めている所があるものの、観測された数は少なく、まだ花粉症の症状が出ていない方もいらっしゃるかもしれません。20日(水)は花粉が飛びやすい条件が揃いますので、急に飛ぶ量が増えてもおかしくありません。

注意点その4 夕方からにわか雨

さらに夕方以降は急な雨にも注意が必要です。にわか雨は千葉県や茨城県など関東でも東側のエリアが中心ですが、都内など西側のエリアにも広がる可能性があります。いったん雨がやんでも油断せず、雨雲の動きや豪雨レーダーをこまめに確認するとよいでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい