北日本で続く「冬の嵐」 週末はどうなる? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北日本で続く「冬の嵐」 週末はどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


乾燥した晴れが続いている太平洋側。その一方で、日本海側では広く雪で、北海道や東北は冬の嵐となっています。あす18日(金)から20日(日)にかけて天気がどう移り変わるのか?

18日(金) 北日本は引き続き猛吹雪に警戒

あす18日も強い冬型の気圧配置が続き、強い寒気が居座ります。北海道や東北は日本海側を中心に雪で、大荒れの天気が続きます。あす夕方までに予想される降雪量は北海道の日本海側で最大50センチ、最大瞬間風速は北海道の日本海側と太平洋側西部で35メートル、東北の日本海側北部で30メートルです。猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、暴風や高波に警戒してください。北陸から山陰にかけて雪や雨が降りやすいでしょう。一方、関東から西の太平洋側や九州、南西諸島はおおむね晴れますが、北寄りの風が冷たく感じられそうです。

センター試験は「穏やか」のち「北で不安定」

今週末、受験生はセンター試験が控えています。天気の傾向としては、土曜日は冬型の気圧配置が西から緩み、広い範囲で晴天。日本海側も雪や強い風は小康状態となりそうです。比較的穏やかなセンター試験初日と言えそうです。ただ、20日日曜日は、日本海に低気圧が進み、北日本では日本海側を中心に天気が崩れる見通しです。降り方が強まって、交通の足に影響が出ることも想定されます。受験生の方は、万全の状態で試験に挑めるよう、早めに家を出るなど時間にゆとりをもった行動をしておくと良さそうです。試験の際は、何が起きるかその時にならないとわかりません。想定外のことも想定し、試験に挑みましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい