あす関東南部でも雪か?三連休は傘の出番も

tenki.jp

メイン画像 (11:40)tenki.jp

メイン画像 (11:40)tenki.jp

9日は強い冬型の気圧配置で、関東南部も雪がちらつく可能性があります。一方、10日以降は冬型の気圧配置が緩み、今週末は西日本を中心に寒さが和らぐでしょう。ただ、空模様は、日本の南を東へ進む南岸低気圧に左右されそうです。

あすの天気 午前中は大雪警戒 関東南部でも初雪?

あす9日(水)にかけて、日本付近は強い冬型の気圧配置となります。日本海側の雪や雨は午前中にピークを迎え、猛吹雪となる所もありそうです。なお、午後になると、雪や雨の範囲は次第に狭くなるでしょう。太平洋側は広い範囲で日差しが届きそうです。ただ、上空の気圧の谷が通過するため、時折り雲が広がり、関東南部でも一時的に雪の舞うことがあるかもしれません。なお、関東甲信北部の山沿いでは、昼頃までは大雪に警戒が必要です。最高気温は平年並みか低く、関東から西でも10度に届く所は少ないでしょう。厳しい寒さとなりそうです。

あさって以降の天気 太平洋側でも雨の可能性?

10日(木)以降は次第に冬型の気圧配置は緩みますが、12日(土)頃になると西から低気圧が日本の南に進んでくる見込みです。今週末からの天気は、この低気圧に左右されそうです。今のところ、低気圧は陸地から離れた所を東進する予想となっています。12日から13日(日)頃にかけて、太平洋側を中心に雲が広がる程度で、傘の出番となる所はほとんどない見込みです。ただ、低気圧が陸地近くを通ると太平洋側の各地に雨雲が届き、寒気の流れ込み次第では平地でも雪に変わる可能性もあります。

あさって以降の気温 週末は西で寒さ緩む

10日以降は、西日本を中心に寒さが緩みそうです。11日(金)は関東から西では最高気温が15度に届く所もあるでしょう。12日からの三連休は、関東や東海では寒さが戻りますが、近畿から九州ではこの時期としては暖かく、3月並みの気温が続く所がありそうです。ただ、朝晩の冷え込みは続くでしょう。一日の気温の変化が大きくなりますので、体調管理にお気を付け下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック