26日朝 南北で40度の差 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

26日朝 南北で40度の差

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


けさは北と南で、最低気温が40度あまりの差になりました。強い冷え込みと暖かな朝。南北に長い日本列島、弟子屈町と波照間島とでは約20度の緯度差がありますが、気温にもその差が現れました。

南北の気温差 40度あまり

けさの最低気温は、静岡県内でこの冬になって一番冷え込んだ所がありました。
午前8時現在、静岡市で3.2℃、浜松区天竜で0.4℃、伊豆町稲取5.3℃で、いずれもこの冬になって最も寒さがつのりました。
北に眼を転じると、北海道の「道東」に位置する弟子屈町川湯では-17.9℃まで下がりました。川湯は冬にダイヤモンドダストが見られる地区で、この冬はこれまでに-20℃を下回ったことが何度かありました。これに比べると「暖かい」朝でした。
南に眼を転じると、「有人では日本最南端の島」沖縄県竹富町波照間島にある波照間空港の最低気温は23.9℃。川湯で最低気温が観測されたのが午前6時過ぎでしたが、波照間空港の最低気温は午前0時過ぎに観測していて、川湯が最も冷え込んだ時刻には25度以上の夏日になっていました。とはいえ、先週には20度を下回る日が何にかありましたので、師走の暖かな朝でした。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい