19日 関東 平野は冬晴れ 山は雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

19日 関東 平野は冬晴れ 山は雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう19日(水)の関東地方は、移動性高気圧に覆われる見込み。日中は平野部を中心に冬晴れ。北部の山沿いでは夕方から雪が降りやすく積雪が増える所も。

けさの関東

けさの関東地方は、平野部では良く晴れていますが、山沿いでは雪の続いている所があります。気象衛星の画像では、日本海に点在する白い雲(雪雲や雨雲です)が、この一部が群馬県や栃木県の山沿いにかかっている様子が、ご覧いただけると思います。標高が高い所では雪、標高が下がった所では雨になる雲が次々に流れ込もうとしています。午前5時までの最低気温は、東京都心4度5分、横浜6度2分など、きのうの朝と同じか、わずかに下回っています。

【関東の天気(19日水曜)】

日中から夜にかけての関東地方は、大陸の高気圧が移動性となって九州や沖縄付近に進んでくるため、南から高気圧におおわれてきます。このため、平野部ほど晴れるでしょう。空気が乾燥しますので、冬場のお約束ですが、火の元・火の用心に心がけましょう。肌がカサカサになりやすい方は保湿にも心がけましょう。一方、北部は山沿いや山間部で寒気の影響が残るでしょう。日本海側から高い山を越えて流れ出す雲の影響で所によっては、夕方からは雪が降りやすくなり、まとまった雪になりそうです。

【関東の気温(19日水曜)】

日中の最高気温は、平野部では13度から15度の所が多いでしょう。昨日に比べるとわずかに高いだけですが、平年より2度から3度高い所がほとんどで、日曜日のあの寒さからは解放といったところです。年末のお掃除や買い物も、降り注ぐ日差しは暖かくさえ感じるかもしれません。ただ、山沿いは10度に届かない見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい