きょう(19日)は初冬の寒さ 九州

tenki.jp
きょう(19日)の九州は北から寒気が流れ込んできたため、対馬海峡沿岸は雲の多い天気でした。最高気温は九州山地の山沿いで11度前後に留まるなど、九州は各地で11月中旬から12月上旬並みの寒さとなりました。 風が冷たい一日 きょう(19日)の九州は寒気が流れ込んできたため、玄界灘や響灘を中心に低い雲が発生し、福岡市など対馬海峡沿岸は雲の多い天気が続ました。そのほかの九州は、午後は晴れ間が出た所が多くなりましたが、寒気の影響で気温の上昇は鈍く、きょう(19日)午後3時までの最高気温は宮崎県の五ヶ瀬町鞍岡11.1度、熊本県の高森町11.9度に留まるなど、九州は11月中旬から12月上旬並みと初冬並みの寒さでした。 九州 あす(20日)洗濯日和 あす(20日)の九州は大陸東岸から東シナ海北部へ進んでくる移動性高気圧に覆われ、日中は対馬海峡沿岸も含めて大体晴れでしょう。日差しに恵まれ、日中は暖かく洗濯物は乾きやすい見込みです。冬物の衣服をタンスから出すなど、衣替えを進めてもよいでしょう。あさって(21日)は早くも天気が下り坂に向かうと見られるため、あす(20日)の晴天は有効に使っておきましょう。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック