30日の天気 東北・北陸で大雨の恐れ

tenki.jp

東北の日本海側や北陸では雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。関東は晴れ間が広がり、厳しい暑さが戻るでしょう。

きょうの天気 東北と北陸で激しい雨 関東は晴れ間広がる

日本海から東北北部にのびる秋雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になるでしょう。日本海北部には低気圧が発生し、北海道に近づく見込みです。
北海道は雨が降りやすく、雷を伴って雨脚が強まることがあるでしょう。東北の日本海側と北陸は、雷を伴った非常に激しい雨が断続的に降り、大雨の恐れがあります。東北の太平洋側も雲に覆われて、雨や雷雨の所があるでしょう。関東は晴れ間が広がる見込みです。午後は山沿いを中心に雷が鳴り、激しい雨が降る所があるでしょう。東海と近畿、四国も大体晴れる見込みです。山沿いや内陸では午後に雨や雷雨の所がありそうです。中国地方は雲に覆われて、すっきりしない空模様でしょう。所々で雷が鳴り、雨が降りそうです。九州は晴れたり曇ったりで、通り雨があるでしょう。雷が鳴ることもありそうです。沖縄は強い日差しが照りつけるでしょう。一時的に雨が降る所がありそうです。

きょうの気温 関東は厳しい暑さ戻る

九州から関東は平年を上回る所がほとんどです。那覇は32度、鹿児島と福岡は33度の予想です。高知と広島は32度、松江は33度の予想です。大阪は35度、名古屋は36度の予想で、猛暑日が続くでしょう。熱中症に厳重に警戒してください。東京は34度の予想で、再び体にこたえる暑さになりそうです。金沢は31度、新潟は29度の予想です。仙台は28度で、きのうより7度も高い予想です。秋田は26度、札幌は22度で、きのうと同じくらいの予想です。

東北の日本海側・北陸 予想される雨量

秋雨前線は9月1日(土)にかけて、東北付近をゆっくり南下する見込みです。
東北の日本海側は、きょう(30日)の夜からあす(31日)の昼前にかけて局地的に1時間に50ミリの非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。北陸はあす未明から昼過ぎにかけて局地的に1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る見込みです。雨はあさって(9月1日)にかけても降り続き、大雨となる恐れがあります。
土砂災害などに警戒して下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック