週間 台風の影響が長引く 記録的な雨量も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 台風の影響が長引く 記録的な雨量も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像F

画像F


台風13号は9日(木)昼頃にかけて関東や東北の太平洋側にかなり接近する予想。台風の動きは遅く、影響が長引く。千葉や茨城、福島県の浜通りでは記録的な雨量となる可能性も。

台風13号 関東や東北の太平洋側に最接近

強い台風13号は、8日夜遅くから9日午後にかけて、風速25メートル以上の暴風域を伴って関東や東北の太平洋側にかなり接近する見込みです。台風は速度を上げずに北上するため、影響が長引く恐れがあります。千葉や茨城、福島県の浜通りでは雨雲がかかり続け、記録的な雨量となる可能性があります。大雨、暴風や高波に厳重に警戒してください。
また、年間で潮位が高い時期となっています。満潮の時刻は銚子00:44、大洗00:38、小名浜00:41で、台風の接近と満潮の時刻が重なる恐れがあります。台風の接近時を中心に高潮にも警戒してください。

あすの天気 関東から北海道と東海

関東は昼前にかけて広い範囲で非常に激しい雨が降り、局地的には息苦しくなるような圧迫感がある猛烈な雨が降るでしょう。水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなることもありそうです。降り始めからの総雨量がかなり多くなるおそれがあります。予想される雨量はいずれも多い所で、9日12時までの24時間に350ミリ、その後10日12時までの24時間に100ミリから150ミリです。風も吹き荒れるでしょう。9日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は35メートル(50メートル)です。走行中のトラックが横転するくらいの風で、屋外での行動は極めて危険です。予想される波の高さは10メートルです。
午後は天気は回復へ向かい、風も収まるでしょう。強い日差しが照りつけ、台風が持ち込んだ熱帯産の熱い空気の影響で内陸では最高気温が35度以上となる所がある予想です。
甲信は9日未明にかけて激しい雨が降る所があるでしょう。9日12時までの24時間に180ミリです。日中は次第に晴れて、猛烈な暑さになる所があるでしょう。
東北も太平洋側南部を中心に雨や風が強まり、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る所があるでしょう。大荒れの天気になりそうです。予想される雨量はいずれも多い所で、9日12時までの24時間に200ミリ、その後10日12時までの24時間に100ミリから200ミリです。9日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は30メートル(45メートル)、波の高さは10メートルです。台風の北側に延びる前線は北海道付近まで北上する見込みです。北海道は広く雨や雷雨でしょう。
東海は晴れたり曇ったりで、朝夕は一時的に雨が降る所がありそうです。山越えのフェーン現象が加わり、猛烈な暑さになるでしょう。9日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は23メートル(35メートル)、波の高さは6メートルです。風は次第に収まるでしょう。

あすの天気 北陸から九州、沖縄

北陸は雲に覆われて、所々で雨が降る見込みです。近畿は晴れたり曇ったりで、にわか雨の所があるでしょう。中国地方も雲が広がりやすく一時的に雨が降る所がありそうです。四国は雲が広がる時間帯もありますが、強い日差しが照りつけるでしょう。九州は一日を通してよく晴れる見込みです。
最高気温は35度以上の猛暑日が続く所が多い予想です。
沖縄も大体晴れる見込みです。この時期らしい暑さでしょう。

あさって以降の天気

10日(金)は台風13号は次第に日本の東へ離れていく見込みです。北海道から東北は湿った空気の影響で雲が多く、雨が降る所があるでしょう。関東は晴れ間がでて、猛烈な暑さとなりそうです。東海から九州は夏空と猛暑が続く見込みです。
11日(土)から12日(月)は北海道からと北陸は高気圧に覆われて晴れる所が多い見込みです。関東から九州は太平洋側で雲が広がりやすく雨が降る所があるでしょう。
13日(月)以降は北海道や東北は気圧の谷の影響で、天気は下り坂へ向かいそうです。

日本の南には熱帯低気圧があり、今後台風になる予想です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい