台風12号 九州付近を南へ 異例の進路 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風12号 九州付近を南へ 異例の進路

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


台風12号は、30日は九州付近を南下したのち、九州南部の西海上でほとんど停滞する見込みです。九州や四国には台風周辺の湿った空気が流れ込み続け、影響が長時間続く恐れがあります。

台風12号 30日は九州付近を南下 のち停滞

台風12号は、29日21時には佐賀市付近を1時間におよそ25キロの速さで西南西へ進んでいます。30日は九州付近を南下したのち九州南部の西海上でほとんど停滞する見込みです。
日本付近を進む台風は、多くの場合、南から北へ、西から東へと進路をとりますが、台風12号は、28日から29日にかけて、日本列島を東から西へと異例のコースを進みました。30日は、九州付近を北から南へと進み、その後、九州の西海上でほとんど停滞する見込みです。

31日にかけて大雨続く 九州・四国

台風12号は30日から31日にかけて九州の西海上で動きが遅くなるため、九州や四国には台風周辺の湿った空気が流れ込み続け、影響が長時間続くおそれがあります。
九州や四国では31日にかけて大雨となるでしょう。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい