台風12号 強い勢力で上陸か 警戒期間 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風12号 強い勢力で上陸か 警戒期間

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


強い台風12号は勢力を維持したまま28日夜遅くから29日未明にかけて東海に上陸する可能性があります。上陸後は次第に速度を落としながら西へ進み、太平洋側の南斜面を中心に大雨が続く見込みです。関東から九州北部で暴風や高波、大雨に警戒を。各地方の警戒期間です。

台風の進路予報

台風12号の接近に伴い、関東や東海では雨や風が強まっています。台風は強い勢力を維持したまま28日夜遅くから29日未明にかけて東海に上陸する可能性があります。上陸後は次第に速度を落としながら西へ進み、太平洋側の南斜面を中心に大雨が続く見込みです。関東から九州北部の広い範囲で暴風や高波、大雨に警戒が必要です。

地域ごとの風や雨

【関東甲信】
強い台風12号は28日夜遅くにかけて関東甲信地方に最も接近する見込みです。何かにつかまっていないと立っていられないほどの風が吹くでしょう。29日未明にかけて、雷を伴い猛烈な雨が降る見込みです。水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなることもあるでしょう。山梨県と関東地方の東から南向き斜面を中心に29日にかけて大雨となる恐れがあります。
28日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、伊豆諸島は35メートル(50メートル)、関東地方の陸上で25メートル(35メートル)、甲信地方で20メートル(35メートル)です。
29日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、関東地方南部で400ミリ、関東地方北部、甲信地方で250ミリ、伊豆諸島で200ミリです。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水などに厳重に警戒して下さい。
【東海】
台風12号は強い勢力のまま28日夜遅くから29日未明にかけて上陸する見込みです。29日明け方にかけて猛烈な雨が降り、非常に強い風が吹くでしょう。海は29日朝にけて猛烈なしけとなる所がある見込みです。
29日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で静岡県400ミリ、三重県300ミリ、岐阜県250ミリ、愛知県200ミリ。予想される最大風速(最大瞬間風速)は静岡県25メートル(35メートル)、愛知県、三重県20メートル(35メートル)、岐阜県17メートル(30メートル)。予想される外海の波の高さは、静岡県で9メートル、愛知県、三重県で7メートルです。暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒し、高潮、土砂災害などに警戒して下さい。【近畿】
29日午前中に台風12号が通過する可能性が高まっています。特に28日夜遅くから29日昼前にかけて滝のような雨が降り、29日午前中にかけて中部、南部の海上を中心に猛烈な風が吹くでしょう。海はうねりを伴って大しけとなる見込みです。
29日午後6時までに予想される24時間の雨量は、多い所で200ミリです。29日にかけて予想される、最大風速(最大瞬間風速は)は、中部は25メートル(35メートル)、南部23メートル(35メートル)、北部20メートル(35メートル)、波の高さは南部はうねりを伴って6メートル、中部、北部は5メートルです。
【北陸】
28日未明から29日に朝にかけて風に向かって歩けないくらい強い風が吹き、29日未明から明け方にかけて雷を伴った激しい雨が降り、特に福井県では雨は滝のように降る恐れがあります。低い土地の浸水、土砂災害などに警戒して下さい。【四国、中国地方】
台風12号は東海地方に上陸後、次第に速度を落としながら30日にかけて西日本を西に進む見込みです。四国や中国地方には29日明け方から夕方にかけて最も接近する見込みです。大荒れの天気となり、傘が全く役に立たないくらいの雨が降るでしょう。
【九州北部】
台風12号は29日夜から30日にかけて九州北部にかなり接近する見込みです。台風が予報円の中心付近を進むと、早い所では29日明け方には風速15メートル以上の強風域に入る見込みです。次第に風が強まり、荒れた天気になるでしょう。29日昼前から雷を伴って、滝のような雨が降る所があり、30日にかけて大雨の恐れがあります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい