強い台風7号北上 暴風や猛烈な雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

強い台風7号北上 暴風や猛烈な雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


強い台風7号は明日(3日)、暴風域を伴ったまま九州北部に最も接近し、その後、日本海へ。広く暖かく湿った空気が流れ込むため、所々で非常に激しい雨に。局地的には猛烈な雨の恐れ。

台風7号の進路

強い台風7号は東シナ海を北上し、明日(3日)の昼前から夜の初め頃にかけて暴風域を伴ったまま九州北部に最も接近するでしょう。その後、4日(水)にかけて日本海を北東へ進み、5日(木)までに温帯低気圧に変わって、北日本に近づく見込みです。広く暖かく湿った空気が流れ込むため、所々で滝のような非常に激しい雨が降るでしょう。局地的には圧迫感があるような猛烈な雨の降る恐れもあります。

暴風や大雨警戒

【奄美】今夜遅くにかけて風速20メートル以上の非常に強い風が吹き荒れるでしょう。台風の活発な雨雲がかかり、非常に激しい雨の降る恐れがあります。海上は明日にかけてもうねりを伴い大しけでしょう。
【九州南部】今夜から明日にかけて東シナ海側を中心に非常に強い風が吹き、海上はうねりを伴い大しけとなるでしょう。明日の昼過ぎにかけて局地的な非常に激しい雨にも注意が必要です。
【九州北部】予報円の中心を進むと、早い所では今夜には風速15メートル以上の強風域に入り、明日朝には暴風域に入る所があるでしょう。交通機関への影響にも注意が必要です。暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定で、明日にかけて局地的に非常に激しい雨の降る恐れがあります。落雷や竜巻などの激しい突風、沿岸部は高潮にも注意が必要です。
【四国】台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっています。太平洋側では明日にかけても非常に激しい雨の降る所があるでしょう。これまでの大雨により、地盤の緩んでいる所があります。土砂災害に警戒が必要です。
【中国地方】明日夜から4日(水)朝にかけて台風が最も接近するでしょう。明日の昼前から激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。沿岸部を中心に風も強く、海上はしける見込みです。強風や高波にもご注意下さい。

活発な雨雲

台風(台風から変わる低気圧)を取り巻く暖湿気や太平洋高気圧の縁をまわる湿った空気が流れ込むため、4日(水)は近畿や東海、5日(木)以降は関東や東北、北海道でも活発な雨雲が所々にかかり、雨量が多くなる恐れがあります。最新の情報にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい