19日の天気 西日本で大雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

19日の天気 西日本で大雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


あす(20日)にかけて西日本の太平洋側の広い範囲で雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあります。

きょうの天気 九州や四国、近畿はあす朝までの予想雨量100ミリ以上

梅雨前線が東シナ海から種子島・屋久島付近を通って日本の南に停滞しています。今夜(19日:火曜)にかけて活動を強めながら九州を北上し、あす(20日:水曜)には西日本から東日本に停滞する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が入るため、西日本の太平洋側を中心に、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。
【全国の天気概況】
沖縄は雲が広がりやすく、一部で雨が降るでしょう。九州は雨や雷雨で、非常に激しく降る所もありそうです。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。中国地方や四国も雨が降りやすいでしょう。近畿も昼頃から雨が降る見込みです。きのう(18日:月曜)の地震で揺れの強かった地域では土砂災害に警戒してください。東海、北陸も夕方以降は次第に雨でしょう。関東から北海道では日中は晴れ間もありますが、朝晩を中心に一部で雨が降る見込みです。
【予想雨量】
①あす(20日:水曜)の午前6時までの24時間雨量(いずれも多い所で)
九州南部200ミリ、九州北部と四国150ミリ、近畿100ミリ
②さらにその後、あさって(21日:木曜)の午前6時までの24時間雨量(いずれも多い所で)
九州南部、九州北部、四国、近畿100ミリから200ミリ
【防災事項】
低い土地の浸水、土砂災害、川の増水、氾濫などに警戒してください。きのう(18日:月曜)発生した地震で揺れの大きかった地域では少しの雨でも土砂災害の発生する恐れがあります。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意をしてください。

きょうの最高気温 湿気の多い空気に包まれて蒸し暑い

雨や曇りの所でも気温は高く、最高気温は沖縄は30度を超え、九州から関東、東北にかけても27度前後まで上がるでしょう。湿度も高いため、ムシムシして不快な暑さの所が多い見込みです。風通しをよくしてお過ごしください。食品の取り扱いにも注意が必要です。
【各地の予想最高気温】
最高気温は、那覇は31度、鹿児島は27度、福岡は28度、高知と広島は25度の予想です。松江は28度でムシムシした暑さでしょう。大阪25度、名古屋26度、金沢と新潟は28度の予想です。東京は27度で、きのう(18日:月曜)よりも5度くらい高く、蒸し暑さが戻るでしょう。仙台は23度、秋田は28度の予想です。札幌は21度で、だいたい平年並みでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい