13日 全国的に雨 局地的な大雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

13日 全国的に雨 局地的な大雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


九州から東海は激しい雨であす朝までの雨量100ミリ超えの所も。関東も次第に雨で風も雨脚も強まる。

1時間雨量40ミリ バケツをひっくり返したように降る所も

母の日のきょうは屋外の活動にはあいにくの空模様です。活発な雨雲の元になる湿った空気が、日本列島の広い範囲に流れ込み大気の状態が不安定になるでしょう。激しい雨を降らせる雲が所々に発生する見込みです。
【気圧配置】
前線が大陸から西日本や東日本へ延び、次第に本州の南へ南下するでしょう。前線上の低気圧は東海や関東付近を東へ進み、別の低気圧は日本海から北日本へ近づく見込みです。
【全国の天気】
沖縄は梅雨の晴れ間で、日差しがしっかり届くでしょう。九州、中国、四国、近畿、東海、北陸は雨で夕方にかけて局地的に雷を伴い激しく降る見込みです。特に近畿や東海では1時間に30ミリから40ミリの、まるでバケツをひっくり返したような激しい降り方になり、あすの朝6時にかけての総雨量が多い所で100ミリから160ミリの大雨となる恐れがあります。関東甲信も昼過ぎ以降は広く雨で、次第に本降りとなるでしょう。沿岸の地域は南風が強まり傘が差しづらくなりそうです。また、夜は激しく降る所もあるでしょう。東北や北海道は日本海側からじわじわと太平洋側へと雨雲が広がります。雨脚の強まる所もある見込みです。
【全国の最高気温】
南風が入る影響で、雨でも寒さを感じるというわけではなさそうです。どちらかというと、暖かい雨です。ただ、きのうの日中と比べると気温がグンと低くなる所が多いため、きのうと同じ服装ではヒンヤリと感じられるかもしれません。また、激しい雨や強い風を伴った雨で衣服が濡れると、予想以上に体が冷えるため、お気を付け下さい。沖縄は28度くらいでしょう。九州は25度前後で、少しムシムシする所もありそうです。食品の取り扱いにお気を付け下さい。中国、四国から東北にかけては20度から22度くらいの所が多いでしょう。北海道は15度前後で、きのうより10度近くも低くなる所がありそうです。

あす(14日:月曜)の日中は天気回復 その後、じわじわ暑く

雨はあすの朝まで残る所がありますが、あすの日中は全国的に天気は回復して、日差しが届くでしょう。九州から東北南部にかけては最高気温が25度以上の夏日になる所が多い見込みです。北海道も暖かさが戻るでしょう。そして、その後、徐々に暑さが増していきます。15日(火)、16日(水)、17日(木)は最高気温が30度以上の真夏日という所が多くなるでしょう。暑さへの対策をしっかりとり、体調を崩さないようにご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい