連休最終日 西と北から雨雲じわじわ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

連休最終日 西と北から雨雲じわじわ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


九州は雷雨。雨域は夜には東海まで拡大。北海道も次第に雨。東北北部は夜に雨。関東から東北南部は晴れて暑い。

連休最終日の天気と気温

きょう(6日:日曜)は西と北から雨雲が近づきます。一方、晴れて行楽日和が続くのは関東と東北南部ですが、暑さには注意が必要です。
【気圧配置】
大陸から西日本へ前線が延びてくる見込みです。一方、日本海の低気圧が北日本へ進むでしょう。
【全国の天気】
沖縄は晴れるでしょう。九州北部は雨で昼過ぎ以降は南部も雨が降るでしょう。夜は局地的に雷を伴い激しく降る見込みです。中国、四国は夕方から次第に雨が降り出し、夜は雷を伴い激しく降る所があるでしょう。近畿、東海、北陸は初めは日差しが出ますが、次第に雲が厚くなり、夜は雨が降る見込みです。日中のお出かけには雨具は必要ないでしょう。甲信越は昼過ぎまで晴れますが、夕方以降は雲が増えて、夜は所々で雨が降る見込みです。関東と東北南部は晴れるでしょう。夕方から雲が増えても天気の崩れはなさそうです。ただ、関東の沿岸部では風がやや強まるでしょう。東北北部は雲が多いですが、雨が降るのは夜遅くからになりそうです。北海道は道南の雨が昼過ぎには道央へ、夕方以降は道東や道北にも広がるでしょう。
【最高気温】
沖縄は28度くらいで6月上旬並みでしょう。九州南部や四国は25度くらいで、少しムシムシと感じられそうです。九州北部と中国地方は平年並みか低く、21度前後でしょう。雨が降ると実際の気温より体感温度は低くなるかもしれません。近畿、東海、関東甲信は27度前後でしょう。特に晴れる時間の長い関東の内陸部は30度近くまで上がる見込みです。体を動かす方や暑さが苦手な方は対策を万全になさってください。北陸と東北南部は25度くらいで6月から7月並みの所が多いでしょう。東北北部は22度前後の予想で、比較的、過ごしやすいでしょう。北海道は12度前後で、日中も上着がないと寒く感じられそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい