春の嵐 雨や雪・風が強まる時間帯

2018/04/14 19:11

メイン画像
メイン画像
15日(日)にかけて低気圧が日本海を発達しながら北東へ進む見込みです。低気圧から延びる寒冷前線が本州付近を通過。日曜日にかけて全国的に雨や雪、風が強まるでしょう。低気圧が14日夜から15日にかけて日本海を発達しながら北東へ進む見込みです。低気圧から延びる寒冷前線が本州付近を通過するでしょう。低気圧は、さらに発達しながら北海道付近を北東へ進む見込みです。全国的に風が強く吹き荒れるでしょう。 また、低気圧や前線に向かって南から暖かい空気が流れ込みます。このため、沖縄や九州から東海付近にかけて大気の状態が不安定となり、局地的に雷が鳴り、雨の降り方が強まることがあるでしょう。土砂災害、河川の増水や氾濫、落雷、突風などに注意、警戒が必要です。 地域ごとの雨や風のピーク 【九州】14日夜は南部を中心に活発な雨雲がかかりそうです。15日は天気は回復へ向かいますが、風の強い状態が続くでしょう。 【四国・中国地方】15日朝にかけて太平洋側を中心に雨が非常に激しく降るでしょう。日中は雨が止んでも、風が強めに吹く時間帯がありそうです。 【近畿】14日夜から15日朝にかけて雷が鳴り、雨が激しく降る所があるでしょう。明け方にかけて南よりの風が非常に強く吹く見込みです。予想される最大瞬間風速は北部と南部で25メートル、中部で30メートル。強い風に注意を。 【東海】15日朝にかけて非常に激しい雨が降り大雨となる所があるでしょう。予想される1時間雨量は多い所で、愛知県40ミリ、岐阜県と三重県30ミリ、静岡県50ミリです。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水などに注意して下さい。 【北陸】雨が強まる時間帯は14日夜遅くから15日朝にかけてです。15日の昼間も雨が降る時間帯があり、日中いっぱい風が強く吹くでしょう。 【関東甲信】甲信では朝方に、千葉では朝から昼前にかけて激しく降る所がありそうです。風のピークは午前中で、風向きは南よりから次第に北よりに変わるでしょう。 【東北】14日夜から15日朝にかけて雨や風が強まる時間帯があり、傘をさしていてもぬれてしまいそうです。 【北海道】雪や雨が降り、15日明け方から昼頃にかけて降り方が強まる所がありそうです。低気圧の接近・通過に伴い、一日を通して風が吹きやすいでしょう。なお、4月9日に最大震度5強の強い揺れを観測する地震が発生した島根県や11日に土砂崩れが発生した大分県中津市でも雨脚が強まることがあるでしょう。こちらの地域では土砂災害が起きやすくなっていますので、厳重な警戒が必要です。

あわせて読みたい

  • 低気圧が発達 強風に注意 急な強い雨や落雷も

    低気圧が発達 強風に注意 急な強い雨や落雷も

    tenki.jp

    4/13

    低気圧が急速に発達 18日にかけて強い寒気 猛ふぶき・高潮に厳重警戒

    低気圧が急速に発達 18日にかけて強い寒気 猛ふぶき・高潮に厳重警戒

    tenki.jp

    2/15

  • 日~月曜は真冬並みの寒気 雲発達しやすく突風の恐れ

    日~月曜は真冬並みの寒気 雲発達しやすく突風の恐れ

    tenki.jp

    3/14

    GW中盤 長引く雨 30日朝は太平洋側で雨・風強い

    GW中盤 長引く雨 30日朝は太平洋側で雨・風強い

    tenki.jp

    4/29

  • 大雨は東北太平洋側へ ピークは6日夜~翌朝 土砂災害など注意警戒 低温にも注意を

    大雨は東北太平洋側へ ピークは6日夜~翌朝 土砂災害など注意警戒 低温にも注意を

    tenki.jp

    6/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す