5日の関東 雪の範囲が変わりました 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

5日の関東 雪の範囲が変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

5日(金)の夜、関東地方は南岸低気圧の影響で雪や雨。予想される低気圧の位置が変わり、雪や雨は関東南部が中心に。都心は今のところ雪が降る予想です。ただ、まだ予想に幅があるため、今後も最新の情報をチェックしてください。

雪や雨の降る時間は?場所は?

5日(金)は、関東の南岸を低気圧が東進します。いわゆる「南岸低気圧」で、関東地方に時として大雪をもたらす低気圧です。この南岸低気圧の影響で、関東地方は5日(金)の夜から6日(土)の明け方にかけて雪や雨の降る所があるでしょう。南岸低気圧は陸地から離れた所を通る予想に変わりました。これまでは関東の広い範囲で雪が降る予報でしたが、最新の予報では、雪や雨の降るエリアは東京都、神奈川県、千葉県が中心となりそうです。

雪なの?雨なの?

上空1500メートル付近の気温が氷点下4度以下だと、関東地方の平野部でも雪になるといわれており、5日の夜は氷点下5度から氷点下4度くらいの予想です。地上付近の気温や湿度にもよりますが、今のところ降るものがあれば、都心など平野部でも雪になる可能性が高くなっています。また、雪にならなくても気温はかなり低く、厳しい寒さになりそうです。

まだ油断禁物

南岸低気圧による雪や雨の予想は非常に難しく、低気圧の通る位置や発達具合、気温や湿度の微妙な違いによって、雪になるか雨になるか、雪が積もるかどうか、大きく変わってきます。この先、雪や雨のエリアが再び広がって、埼玉県など内陸部でもまた雪の予想に変わることも考えられ、まだまだ油断できません。雪の降る量もまだ予想に幅があるため、現段階では積もるかどうか明確にお伝えできない状況です。この先もtenki.jpで最新の情報を確認してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい