1日で降雪100センチ ドカ雪の恐れ

2017/12/26 18:40

28日にかけて北海道から北陸を中心に大雪の恐れ。27日18時までの予想降雪量は北陸の多い所で100センチの予想。関東北部の山でも1日で70センチの雪が降る所があるでしょう。

今季これまでで一番の大雪の恐れも 27日(水)にかけても日本付近は強い冬型の気圧配置が続き、北海道から北陸を中心に大雪の恐れがあります。特に雪雲が発達しやすい北陸周辺で雪の量が多くなるでしょう。北陸の多い所では、たった1日で一気に100センチの雪が降る予想です。北陸のほか、東北南部や関東北部、長野県や岐阜県では、今季これまでで一番雪が降り積もる可能性があります。 ◆27日18時までの24時間に予想される降雪量(いずれも多い所で) 北陸 100センチ 東北、関東甲信 70センチ 東海 60センチ 北海道 50センチ 立ち往生などにも注意 短い時間に一気に雪が積もりますので、雪崩や落雪に注意が必要です。また、車が立ち往生することも考えられますので、車の運転は雪の装備を万全にしましょう。28日にかけても雪が続き、大雪による影響が長引く恐れがあります。今後の気象情報にご注意ください。 広く真冬の寒さに また、強烈な寒気が流れ込む影響で、27日は全国的に寒さがいっそう厳しくなるでしょう。朝は冷え込みが強く、全国の7割以上で氷点下の冷え込みとなりそうです。北海道や東北、北陸は昼間も凍える寒さで、最高気温は多くの所で今季一番低くなるでしょう。関東から九州も10度に届かない所が多く、真冬並みの寒さです。今年も残りわずか。新年を前に体調を崩さないよう、お気をつけください。

あわせて読みたい

  • 一日で降雪100センチ 交通障害警戒

    一日で降雪100センチ 交通障害警戒

    tenki.jp

    1/23

    日本海側は暴風雪に警戒 立ち往生のリスク高まる 名古屋など太平洋側も積雪の恐れ

    日本海側は暴風雪に警戒 立ち往生のリスク高まる 名古屋など太平洋側も積雪の恐れ

    tenki.jp

    12/17

  • 厳寒の2021年スタート 北国は冷凍庫並みの正月三が日

    厳寒の2021年スタート 北国は冷凍庫並みの正月三が日

    tenki.jp

    12/31

    18日も続く冬の嵐 積雪さらに増加 大規模な交通障害に警戒

    18日も続く冬の嵐 積雪さらに増加 大規模な交通障害に警戒

    tenki.jp

    2/17

  • 25日~28日「大寒波」襲来 警報級の大雪で積雪が急増する恐れ 太平洋側も積雪

    25日~28日「大寒波」襲来 警報級の大雪で積雪が急増する恐れ 太平洋側も積雪

    tenki.jp

    12/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す