冬らしい寒さ 西は大雪も 3か月予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

冬らしい寒さ 西は大雪も 3か月予報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

25日発表の最新の3か月予報によると、1月、2月は冬らしい寒さで、西日本の日本海側は雪の量が多くなりそうです。

本格的な冬へ

【1月~2月】
11月、12月は日本列島にシベリアから度々寒波が押し寄せ、大雪や厳しい寒さに見舞われました。1月から2月もシベリア高気圧は強まりやすく、日本付近に寒気が西回りで流れ込むことが多いでしょう。寒さはこれから一層厳しくなります。
≪北海道、東北≫
日本海側は雪の降る日が多く、大雪になることもあるでしょう。太平洋側は例年に比べ晴れの日が少なくなりそうです。平年より寒さが緩む日が多いでしょう。
≪北陸≫
平年と同様に雪や冷たい雨が降りやすいでしょう。雪への備えをもう一度ご確認下さい。
≪関東甲信、東海≫
乾燥した冬晴れの日が多い見込みです。これからますます暖房器具を使うことが多くなりますので、火の元、火の取り扱いにご注意下さい。冬型の気圧配置が緩んで本州の南を低気圧が通ると、平野部でも雪が降ることがあります。
≪近畿の日本海側、山陰、九州の日本海側≫
例年以上に寒気が流れ込みやすいため、雪や雨が降りやすく、降る量が多くなりそうです。普段は雪が積もらない地域でも雪への備えに気を配りましょう。
≪近畿の太平洋側、山陽、四国、九州の太平洋側≫
冬晴れの日が多い見込みです。いつもの冬以上に雨の降る日が少ないですので、火の用心をしっかりなさって下さい。
≪沖縄、奄美≫
寒気の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多いでしょう。

春の訪れは

【3月】
シベリア高気圧の日本への張り出しが弱くなり、季節は順調に進みそうです。日本付近を高気圧と低気圧が交互に西から東へ通過することが多くなるでしょう。
≪北海道、東北≫
日本海側は曇りや雪、雨の日が多いでしょう。太平洋側は晴れる日が多くなりそうです。暖かくなる日が例年より多く、雪解けが進みそうです。
≪北陸≫
晴れる日もあれば、雨や雪の日もあり、天気は短い周期で変わるでしょう。
≪関東甲信、東海、近畿の日本海側、九州の日本海側≫
日脚がのびて、南風が吹くと春の暖かさを感じることが多くなります。ただ、一時的にシベリア高気圧が張り出したり、移動性高気圧に覆われた夜に放射冷却が強まったり、低気圧が北よりの風を呼び込んだりと、寒さが戻ってくることが例年同様に多いでしょう。気温の変化が大きく体調を崩しやすい季節です。この時期も日本の南を通る低気圧が雪を降らせることがあるかもしれません。
≪近畿の太平洋側、九州の太平洋側≫
低気圧や前線の影響を例年に比べ受けにくく、晴れて乾燥する日が多いでしょう。
≪沖縄、奄美≫
平年に比べ曇りや雨の日は少なくなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい