週間天気 寒気の襲来は一時的に弱まる

tenki.jp
この先も、日本海側は雲に覆われ雪や雨の降る日が多いですが、金曜日は寒気が弱まり晴れ間の出る所がありそうです。一方、太平洋側は晴れて空気がカラカラな状態が続いていますが、土曜日に雨となり潤いが戻るでしょう。 あすの天気 あす(14日)は、冬型の気圧配置が次第に緩んでくるでしょう。雪や雨は次第にやみそうです。ただ、山沿いは大雪のあとです。積雪の多くなった所はナダレに注意して下さい。 <各地の詳しい天気> あす(14日)は、太平洋側の各地は引き続き晴れる所が多く、空気がカラカラに乾くでしょう。九州から関東の山沿いの雪は昼前までには止む所が多い見込みです。冷たい風も弱まるでしょう。東北南部や北海道は所々で雪雲が流れ込むでしょう。午前中は季節風が強めに吹き、寒さに拍車をかけそうです。一方、日本海側の雪のピークは超える見込みです。九州北部は朝まで雪か雨の降る所がありますが、次第に晴れ間が広がってくる見込みです。山陰の雪や雨は午後にはやむでしょう。北陸は昼頃まで雪が降り、雷を伴う所がある見込です。新潟県と東北の日本海側は雪でふぶくでしょう。新潟県と東北の日本海側はまだ油断できません。局地的な大雪に注意が必要です。一方、北海道の日本海側とオホーツク海側は、朝まで雪でふぶく所もありますが、日中は晴れてくる見込みです。 日中の最高気温は、平年並みか低く、寒さの続く所が多いでしょう。 あさって以降の週間天気 あさって15日金曜日は冬型が緩むでしょう。雪が続いた日本海側でも晴れ間の出る所がある見込みです。日本海側では貴重な日差しとなりそうです。土曜日は低気圧が通過するため、全国的に雨や雪が降るでしょう。一時的ですが寒さは和らぎそうです。また、太平洋側は空気がカラカラに乾燥していますので、空気が潤ってホットできるでしょう。ただ、日曜日から再び冬型の気圧配置となり、寒気が流れ込んできます。日本海側は雪の所が多くなり、全国的に真冬の寒さが復活します。寒気の襲来が弱まるのは一時的です。日曜日から大雪やふぶき、太平洋側は空気の乾燥にお気を付けください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック