週間天気 一時的に季節が逆行 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 一時的に季節が逆行

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

きょうから25日(土)までは気温が平年より低く、北日本を中心に1月並みの所も。その先、気温が上昇し、冬から秋に戻る。関東以西では、来週の前半、20度前後まで上がる所もある見込み。

あすの天気

日本付近は冬型の気圧配置。この時期としては強い寒気が流れ込みます。
【各地の天気(西から)】
沖縄は、あすも湿った空気が流れ込むため、曇り空が続きます。
九州も雲が広がりやすいでしょう。北部を中心に所々で雨が降り、標高の高い所は雪になりそうです。峠道の運転は路面の凍結にお気を付けください。
中国と四国、近畿は、日本海側にあたる「山陰と近畿北部」は雲が多く、ときおり冷たい雨が降ります。山沿いは雪になるでしょう。そのほかの各地は日差しがありますが、にわか雨の所もあるでしょう。
東海と関東甲信は広く晴れるでしょう。ただ、岐阜から長野、関東北部にかけての山沿いは雪が降ります。
北陸は雨が降ったり止んだりで、山沿いは雪でしょう。
東北と北海道は、日本海側を中心に雪や雨。平地は、昼間は雨の所もありますが、朝までと夕方以降は広く雪になるでしょう。車の運転は路面状況の変化に注意が必要です。ふぶいて見通しが悪くなるおそれもあります。
気温は、朝は全国的に今朝より下がり、日中もあまり上がりません。沿岸部を中心に、冷たい北または西寄りの風が吹いて、体感温度はさらに下がるでしょう。最高気温は、九州から関東は13度前後と平年より低め。北陸と東北南部は8度くらい、東北北部は5度前後までしか上がりません。北海道は3度以下で、北部では1日中氷点下の真冬日の所もあるでしょう。

あさって以降の天気

25日(土)は、冷たい空気に覆われる中、低気圧が北日本を通過します。北海道と東北は日本海側を中心に雪が降るでしょう。風も強く、ふぶく所もありそうです。交通機関に影響がでるおそれもありますので、気象情報に加えて、交通情報も十分ご確認ください。北陸は冷たい雨で、山沿いは雪が降る見込みです。関東から西はおおむね晴れますが、気温は日中も15度に届かない所が多く、空気はヒンヤリでしょう。
その先、26日(日)からしばらく、日本付近は高気圧に覆われ、広い範囲で晴れるでしょう。北陸から北の雪や雨も止んできます。気温が日ごとに高くなり、寒さが和らぐでしょう。28日(火)と29日(水)は、気温が平年より高くなりそうです。関東から西では、日中の気温が20度くらいまで上がる所が増えて、冬のコートではちょっと汗ばむくらいになるでしょう。
ただ、ホッとできるのは束の間で、12月のスタートは北から再び寒気が入りそう。気温の変動が大きくなりますので、体調管理にお気を付けください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい