北海道 太平洋側などで大雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 太平洋側などで大雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

今日(31日)の北海道付近は気圧の谷の中で、大気の状態が不安定になっています。13時現在は太平洋側を中心に雨が降っており、明日明け方にかけての24時間降水量が、太平洋側などの多い所で100ミリに達する所があるでしょう。低い土地の浸水などに注意して下さい。今日の北海道は南西部から降りだした雨の範囲が、各地に広がっています。局地的に1時間に20ミリ以上と雨が強まっており、後志地方の真狩(まっかり)では11時29分までの1時間に37ミリ、渡島地方の長万部(おしゃまんべ)では午前9時11分までの1時間に34ミリと激しい雨が降りました。長万部では正午までの12時間降水量が63ミリとなりました。午後も雨の降る所が多く、特に東部の太平洋側や南西部では局地的に激しい雨になる所もあるでしょう。低い土地の浸水などに注意して下さい。なお、明日(1日)も東部の太平洋側では日中は雨の降りやすい状態が続き、夜はその他でも雨の降る所がある見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい