大雨続く 土砂崩れ、川の氾濫に警戒を

2017/06/25 08:30

全国的に雨の日曜日。九州から東海は局地的な大雨。関東も沿岸部の一部で激しく降る。北海道も雷を伴う所あり。

土砂災害や河川の氾濫などに警戒
土砂災害や河川の氾濫などに警戒
雨の強さ、予想雨量など詳しく きょう(25日:日曜)は、ほぼ全国で雨の日曜日となりそうです。お出かけの際は、雨で濡れた路面でケガをしないように足元にお気を付け下さい。 梅雨前線が九州や四国を横切り、本州の南に延びています。暖かく湿った空気が次々に流れ込み、前線の活動が活発です。雨雲が発達しやすく、カミナリを伴って非常に激しい雨、または猛烈な雨の降る所があるでしょう。既にこれまでの大雨で地盤の緩んでいる所があります。自治体からの避難情報などに注意してください。また、避難指示・勧告が発令されていなくても、危険を感じたら自ら避難するようにしましょう。 【予想される雨の強さ】 主に九州から東海にかけてですが、1時間に30ミリ~50ミリ(バケツをひっくり返したように降ったり、滝のように降ったり) 【予想される24時間雨量~あす(26日:月曜)の午前6時まで~】 いずれも多い所で・・・九州南部200ミリ、四国150ミリ、近畿120ミリ、九州北部と東海100ミリ なお、あさって(27日:火曜)も雨量の多い状態が続く見込みです。 短時間に大量の雨が降ると、川に雨水が一気に流れ込み、急に水かさが増すことがあるため、増水した川には近づかないようにしましょう。また、次のような現象があったら、土砂災害の危険が迫っています。避難をしてください。 ①斜面にひび割れができて、それが急に広がってきた。 ②木が避けるような音、地鳴りなどの異様な音、普段とは違う臭いがする。 ③今まで涸れたことのない湧き水が止まる、逆に、湧き水のなかった所から水が湧き出し、それが濁っている。いずれも、山の内部で土砂が動き始めている証拠です。雨が弱まってから、あるいは天気が回復してから、大きな山崩れが発生することもあります。大雨の後、1~2日ぐらいは山崩れの危険があると考えて、斜面の様子に気をつけましょう。

あわせて読みたい

  • 土砂災害に厳重警戒 猛烈な雨の恐れ

    土砂災害に厳重警戒 猛烈な雨の恐れ

    tenki.jp

    7/1

    22日 猛暑 天気急変 激しい雨

    22日 猛暑 天気急変 激しい雨

    tenki.jp

    7/22

  • 西と東 猛暑の出口が見えず 北は大雨

    西と東 猛暑の出口が見えず 北は大雨

    tenki.jp

    7/16

    48時間で ひと月分の総雨量を超えた

    48時間で ひと月分の総雨量を超えた

    tenki.jp

    8/18

  • 九州は大雨 その範囲があすは東海まで

    九州は大雨 その範囲があすは東海まで

    tenki.jp

    6/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す