北海道 夏は暑く、残暑も! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 夏は暑く、残暑も!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

23日、札幌管区気象台は7月~9月の北海道の3か月予報を発表しました。気温は平年より高いでしょう。大気全体の温度が平年より高い傾向が続くことや、太平洋高気圧の張り出しが強く、暑い空気に覆われることが多くなりそうです。降水量はほぼ平年並みですが、9月は平年並みか多くなる見込みです。

月ごとの詳しい天気

(7月)
低気圧と高気圧が交互に通過するでしょう。日本海側とオホーツク海側は平年と同様に晴れたり、雨が降ったりする見込みです。太平洋側は海から湿った空気が入りやすく、平年通りに曇りや霧の日が多いでしょう。気温は平年並みか高い見込みです。7月になると、大陸の上空に溜まっている乾燥した暖かい空気が流れ込みやすくなるため、晴れるとカラッとした暑さとなることが多くなりそうです。また、低気圧が通過して、北よりの風が吹いても、冷たい空気は入りにくい見込みです。
(8月)
フィリピン付近で積乱雲の発生が多くなる影響で、太平洋高気圧の張り出しが強まるでしょう。天気は平年通り、数日の周期で変わり、気温は平年より高い見込みです。太平洋高気圧から暖かく湿った空気が流れ込みやすいため、湿度が高く、ムシムシ、ジメジメとした暑さの日が多くなりそうです。お盆が過ぎても、残暑となるかもしれません。
(9月)
北から秋の冷たい空気が流れ込み、夏の暑い空気とぶつかり、北海道付近には秋雨前線ができるようになります。今年は9月になっても太平洋高気圧の張り出しが強いため、秋雨前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、前線が活発になることがありそうです。そのため、平年に比べて、曇りや雨の日が多く、ぐずついた天気の日が多くなるでしょう。気温は平年より高く、9月としては暖かい日も多そうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい