北海道 この雨はいつまで? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 この雨はいつまで?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

13時現在、日本海を北東進する低気圧からのびる気圧の谷の影響で、北海道付近は、広い範囲で雨が降っています。イベントを予定されていた方も多かったかと思いますが、今日いっぱい雨は続きそうです。

これまでの雨で

13時現在、北海道内で最も雨量が多くなっているのは胆振地方登別で、今日3時からこれまでの降水量は36.5mmを観測しています。また、道南の檜山地方奥尻町では本日未明に1時間に14mmのやや強い雨となりました。
札幌でも降り始めの今日6時から13時までで23mmとなりました。今月は10mm以上の雨が降った日はなく、4月18日の28.5mm以来久々のまとまった雨となっています。これからも雨の降りやすい天気が続き、特に道央や道東を中心に雨脚の強まる所があるでしょう。落雷や突風、短時間強雨には引き続き注意が必要です。

雨量は…

これから雨脚の強まる恐れのある道央や道東では、今後予想される雨量は夜にかけて多い所で更に20~30mmくらいの雨となり、局地的には40mm前後を見込んでいます。その他の地域は多い所でも10~20mm前後となるでしょう。天気の急変や一時的な突風の可能性もあるため、外出の際には十分な注意が必要です。

やむのはいつ?

道東は明日未明まで、道南や、札幌を含めた道央は明日明け方までの見込みです。全般に雨の強まりなどは今夜までですが、道北は明日日中も雨の降りやすい状態が続く見込みです。引き続き落雷などに注意して下さい。明日もはじめ広い範囲で雲が広がり、午後を中心に弱い雨の降る所がありますが、月曜からの天気は回復傾向となります。火曜日にかけて晴れる所が多くなり、気温も全般に平年より5度ほど高い所が多くなるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい