気温はジェットコースター再び冬の寒さ

2017/02/21 08:48

春の暖かさから一転、きょう(21日)は再び冬の寒さに戻るでしょう。冷たい季節風が強めに吹き、体温を奪われそうです。

気象衛星
気象衛星
冬の天気再び きょう(21日)は北日本は冬型の気圧配置が続きますが、東日本や西日本は次第に高気圧に覆われてくるでしょう。日本海側は所々で大雪になっており、気象衛星を見ると日本海には寒気に伴う雲がまだまだびっしりとあります。日本海側は昼過ぎにかけて、大雪になる所があるでしょう。東北北部や北海道の南西部はふぶきになる所もありそうです。積雪の多い所は雪崩や屋根からの落雪に注意してください。また、北陸を中心に夕方にかけてカミナリの鳴る所がありますので、落雷や突風にもご注意ください。一方、太平洋側は一日を通して晴れる所が多いでしょう。北海道や本州は季節風が強めに吹きそうです。空気も乾いていますので、火の元には十分にご注意下さい。2月は冬と春とのせめぎ合いがおきますが、きょうは冬が優勢のようです。 気温の前日差 東京は8度、大阪は10度も この時期としては冷たい空気に覆われているため、各地の気温はあまり上がらないでしょう。最高気温は、札幌は氷点下2度、秋田1度、仙台4度、金沢8度、東京12度、名古屋と大阪は8度、広島11度、高知と福岡12度、鹿児島16度、那覇21度の予想です。東北から九州にかけては、きのうより5度以上低くなる所も多く、北海道と本州は真冬の寒さに戻る見込みです。きのうとの前日差の大きい所は金沢と東京が8度、大阪は10度、福岡は7度です。さらに、風も強めに吹きますので、体感温度はさらに低くなりそうです。風速1メートルに対して、体感的には1度低く感じられます。きょうも季節風が強めに吹きますので、予想気温よりかなり寒く感じられるでしょう。防寒対策をしっかりする必要があります。また、日々の気温差がこれだけ大きいと体に堪え、体調を崩しやすくなりますので、体を暖め十分に睡眠をとるように心がけましょう。 寒さが和らぐが天気は下り坂 あす(22日)の午後は低気圧が対馬海峡付近に進んでくるでしょう。各地の天気は下り坂です。沖縄や九州から東海にかけては、夕方以降は雨になりそうです。沖縄と九州は大気の状態が不安定になり、雷を伴い激しく降る所もあるので雨の降り方に注意が必要です。西日本を中心に南風が次第に強まり、日中の寒さは和らぐ見込みです。

あわせて読みたい

  • 東北付近に冬将軍居座る

    東北付近に冬将軍居座る

    tenki.jp

    2/7

    太平洋側 所々でにわか雪やにわか雨

    太平洋側 所々でにわか雪やにわか雨

    tenki.jp

    2/14

  • 最強寒波 土日は大雪・吹雪・極寒

    最強寒波 土日は大雪・吹雪・極寒

    tenki.jp

    1/13

    土日は北で冬の嵐 関東も冷える

    土日は北で冬の嵐 関東も冷える

    tenki.jp

    12/9

  • 春の陽気から一転、冬の寒さへ

    春の陽気から一転、冬の寒さへ

    tenki.jp

    1/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す