関東 一気に冬の寒さ 激しい寒暖差に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 一気に冬の寒さ 激しい寒暖差に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
30日は実況、31日からは予想

30日は実況、31日からは予想

季節先取りの暖かさとなった関東、今夜は冬の寒さ。北風が身にしみそうです。週末にかけても冬と春をいったりきたり、寒暖の差が大きくなりそうです。

30日 春本番の暖かさから冬へ

南風が吹き、今日は関東を中心に季節外れの暖かさとなりました。最高気温は東京は19度5分まで上がり、4月中旬並みの暖かさ。羽田空港や銚子では20度を超えました。
今夜は冬型の気圧配置で冷たい北風が吹きつけるでしょう。冷たい空気に入れ替わり、東京など、広く夜は気温が10度を下回りそうです。昼間から気温が10度くらい一気に低くなるでしょう。さらに北風が体温を奪いそうです。風速が1メートル増すごとに体感温度は1度下がるともいわれていますが、今夜は北風がやや強く吹きますので、気温の数字以上に寒く感じられそうです。

この先も冬と春を行ったり来たり

上の図は東京と前橋の気温の変化です。この先も晴れる日が多いですが、気温のアップダウンが大きくなるでしょう。明日(31日)から2月2日(木)は気温が平年並みか平年をやや上回る程度で、今日のような暖かさはなさそうです。特に、2日は冬型の気圧配置が強まり、冷たい北風が吹きつけるでしょう。最高気温は東京は10度、前橋は6度までしか上がらない予想で、冬の空気に包まれそうです。
2月3日(金)の節分からはまた気温が上昇傾向に。4日(土)と5日(日)は15度くらいまで上がって、3月中旬から3月下旬並みの暖かさになるでしょう。桜のつぼみがほころぶ頃の陽気になりそうで、今週末にかけて冬と春をいったりきたりしそうです。
その後も暖かい日が順調に続くことはないでしょう。1か月予報によりますと、関東地方の2月11日からの2週間の平均気温は平年並みか低い予想で、例年以上に寒さが戻る日が多くなる可能性もあります。
この先も寒暖の差が激しく、まだまだ寒い日も多くなりそうです。体調を崩さないよう、日々の気温もチェックして、服装選びにお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい