北海道 雪と寒さのあとは雪の事故? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 雪と寒さのあとは雪の事故?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
北海道の天気

北海道の天気

北海道付近は、冬型の気圧配置が強まり、昨夜(15日)から今朝(16日)にかけて道北やオホーツク海側を中心に風雪が強まり局地的に大雪となりました。今週は札幌など南西部を中心に日中はプラスの気温になる日が多くなるため、雪の事故に十分な注意が必要です。

引き続き交通障害に注意

昨夜(午後6時)から今朝(午前9時)にかけては、上川地方の下川で37センチ、層雲峡で32センチなど局地的に大雪となりました。現在、大雪のピークは過ぎつつあり、夜にかけて雪の降り方も弱まりますが、道北やオホーツク海側では引き続き、大雪やふぶき、吹きだまりによる交通障害に注意が必要です。

雪の事故に要注意!

今朝(16日)の最低気温は、全般に氷点下5度前後までしか下がらず、大幅に冷え込みが緩みました。道内で最も低くなった上川地方の富良野でも氷点下14.1度と、道内では1月10日以来、6日ぶりに氷点下25度を下回る朝の厳しい冷え込みが解消しました。今日(16日)の最高気温は、広く0度前後で、札幌や函館などの南西部では3度くらいまで上がる見込みです。今週は、先週までの厳しい寒さは解消し、南西部を中心に日中はプラスの気温となる日が多くなりそうです。傾斜地でのなだれや、木の枝や屋根からの落雪に注意が必要です。気温が上がると、屋根に積もったずっしりとした重たい雪が一気に落ちてくることもあり、事故につながる場合もあります。通勤、通学の際は、軒先から十分に離れて安全な場所を歩くようにして下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい