関東 強い南風 交通機関に影響も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 強い南風 交通機関に影響も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
横浜のピンポイント天気(26日16時発表)

横浜のピンポイント天気(26日16時発表)

27日、関東地方の沿岸部では朝の通勤時に南よりの風が強まるでしょう。何かにつかまっていないと立っていられないような、非常に強い風の吹く所も。交通機関に影響が出るおそれがあり、注意が必要です。

風と雨の予想

27日(火)の関東地方は荒れた天気となるでしょう。低気圧が発達しながら本州付近を東へ進み、低気圧から延びる寒冷前線が関東地方を通過します。沿岸部では朝の通勤時間から昼ごろにかけて南よりの風が吹き荒れるでしょう。都内でも、東京湾周辺を中心に、何かにつかまっていないと立っていられないような、非常に強い風の吹く所がある見込みです。電車のダイヤが乱れたり、高速道路に規制がかかったりと、交通機関に影響が出るおそれがあります。朝は、少し早めに起きて、天気予報や交通情報をチェックするとよいでしょう。時間には余裕を持ってお出かけください。
また、朝の通勤時にはすでに雨の降り出している所があります。雨のピークは昼前後で、特に神奈川県や千葉県は活発な雨雲がかかりやすいでしょう。一時的にはザーザー降りの雨が予想され、ピーク時には横なぐりの雨となって、ズブ濡れになってしまいそうです。雨の降り方が弱い所も、風が強いため、膝上まで濡れてしまう可能性があります。濡れた足元を拭くタオルや着替えなどをお持ちになるとよさそうです。

気温の予想

南風が吹くため、朝から気温は高めです。最高気温は26日(月)より5度前後高く、都心と水戸は17度、横浜と千葉は18度の予想です。ただ、この最高気温は昼前に観測される見込みです。午後、雨が弱まったり、やんだりすると、今度は北よりの風が強まるでしょう。気温は、あれよあれよという間に下がり、午後6時頃からは都心など南部でも10度を下回ってきそうです。夜はグッと冷えますので、朝の暖かさに油断せず、寒さ対策をとっておきましょう。
なお、一日を通して北よりの風が予想される、群馬県や栃木県など内陸部では、沿岸部ほど気温が上がらず、日中も寒さが続きそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい