函館 35年ぶりの積雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

函館 35年ぶりの積雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

強い寒気の影響で、北海道では日本海側を中心に雪や風が強まっています。函館では今日だけで一気に10センチを超える雪が積もり、11月上旬にしては早いまとまった雪となっています。

早い積雪やふぶきに警戒

函館では正午現在、積雪が14センチとなっています。11月上旬としては、35年ぶりに多い積雪です。
統計開始以来、11月上旬に積雪が10センチを超えたのは、1991年の10センチと1981年の28センチだけです。
そのほかも、所々で今季一番の積雪となっていて、上川地方の朱鞠内では56センチ積もっています。
また、風も強く、宗谷岬では未明に最大瞬間風速31.5メートルが観測されました。
北海道では、あすの昼頃にかけて、雪や強い風が続きそうです。
あすの正午までの予想降雪量は(多い所)、日本海側で40センチ、太平洋側やオホーツク海側で20センチとなっています。また、あすにかけて予想される最大瞬間風速は、日本海側とオホーツク海側南部、太平洋側東部で30メートル。オホーツク海側北部と太平洋側西部で25メートルです。
積雪や吹き溜まり、ふぶきに十分ご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい