九州 この冬 寒さが厳しい 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 この冬 寒さが厳しい

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

きょう、気象台から11月から来年1月の3か月予報が発表されました。
九州はこの冬、強い寒気が流れ込みやすく、寒さが厳しい日が多いでしょう。

12月から来年1月は寒さが厳しい

きょう、気象台から11月から来年1月にかけての3か月予報が発表されました。
11月は晴れの日が多く、気温はほぼ平年並み。朝晩の冷え込みが次第に強まり、平野部でも紅葉が進みそうです。
12月から来年1月は、九州北部は曇りや雨、雪の日が多く、九州南部は晴れの日が多い見込みです。
ポイントは気温が平年並みか平年より低く、例年よりも寒さ厳しい日が多いと見られる点です。
今シーズンはラニーニャ現象の影響で、上空の偏西風は大陸東部で平年より北に押し上げられ、西日本付近では南に蛇行しやすくなるでしょう。九州は大陸からの寒気が流れ込みやすくなるため、特に12月から来年1月はたびたび強い寒気が流れ込み、寒さが厳しい日が多い見込みです。

11月からは冬へ駆け足

ことしは秋になっても気温が高く、九州では10月に入っても最高気温30度以上の真夏日となるところがあるなど、夏のような暑さがたいへん長引きました。
しかし、この先、11月の気温は平年並みに戻り、さらに12月以降は平年よりさらに低い気温となる可能性があります。夏の暑さから、心地よい秋の陽気がほとんどなく、冬へ駆け足で向かっていくことも考えられます。
この先、気温が急に低くなり、体調を崩しやすい天候になることが予想されますので、服装などには十分にお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい