秋雨シーズンへ また熱帯低気圧発生か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

秋雨シーズンへ また熱帯低気圧発生か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

10日(土)も本州付近は晴れて、厳しい残暑に。晴天は続かず、11日(日)からは秋雨前線が本州の南岸に停滞し、雨の降る日が多くなるでしょう。また、日本の南には熱帯低気圧が発生する見込みです。

秋雨シーズン突入へ

10日(土)は北海道や東北の日本海側は曇りや雨の天気ですが、東北の太平洋側や関東から九州はおおむね晴れるでしょう。厳しい残暑が続きますので、暑さ対策はしっかりとなさって下さい。東北南部から九州、沖縄にかけては最高気温は30度前後の所が多くなる見込みです。9月だからと油断せずに、屋外の活動はこまめな水分補給を心がけましょう。
広く晴れるのは10日(土)までで、晴天は長続きしません。11日(日)からは秋雨前線が本州の南岸沿いに停滞するようになり、ぐずついた天気が続くでしょう。週間予報をみるとずらりと関東から九州にかけて曇りや雨のマークが並んでいます。季節は秋雨シーズンに突入しそうです。特に、12日(月)は前線が活発化し、九州から関東の太平洋側を中心に大雨となる恐れもあります。その後も雨の降る日が多く、さらに雨量が増える可能性があり、注意が必要です。
なお、前線の停滞する位置の少しの違いで雨や大雨の範囲は変わります。随時、最新の情報を参考になさって下さい。

南に熱帯低気圧発生か

日本の南の海上には、発達した雲がまとまりかけています。10日(土)までに台風のたまごである熱帯低気圧に発達する予想です。その後、台風に発達するかはまだはっきりしませんが、日本の南の海上は海面水温が高く、今後、この熱帯低気圧の動向に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい