低気圧と前線の影響で大雨に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

低気圧と前線の影響で大雨に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#台風
予想図

予想図

台風13号は午前3時に東海道沖で温帯低気圧に変わりましたが、本州付近には前線がありますので、広い範囲で大雨に警戒です。風が次第に強まり、突風の恐れもあります。

注意すべき点と各地の雨のピーク

本州付近は台風から変わった温帯低気圧から離れていますが、本州付近には前線が停滞しているため中国地方から関東の広い範囲で雨が降っています。低気圧は日中は関東沖、夜は東北の太平洋側を北上して、あすは北海道に近づく見込みです。
今後の注意点
・近畿から北海道にかけて、滝のような雨が降ったり、大雨の恐れがあります。
・道路が川のようになったり、川が増水することもあるでしょう。
・傾斜地は土砂災害に注意が必要です。
・本州付近は次第に風が強まって来て、突風の恐れがあります。
雨のピークや各地の天気
・沖縄は前線の影響で雨や雷雨で激しく降る所もありそうです。
・九州は晴れ
・四国や山陽地方の雨は朝までで、日中は天気が回復し晴れてくるでしょう。
・山陰地方は昼過ぎまで雨で、朝までは激しく降る所がある見込みです。
・近畿や東海は昼前まで、関東は朝から昼過ぎにかけて雨や雷雨で、局地的に非常に激しく降るでしょう。
・北陸はほぼ一日雨で、夕方にかけて非常に激しく降る所がありそうです。
・東北は昼前から雨が降り出し、夜のはじめ頃まで非常に激しく降る所がある見込みです。
・北海道は夜からあす(9日)にかけて、大雨になる見込みです。
あす朝(9日午前6時)までに予想される雨量はいずれも多い所ですが、
関東甲信地方・近畿地方は150ミリ、
東北地方は130ミリ、
北海道・北陸・東海地方は100ミリの見込みです。
10日午前6時までの24時間に予想される雨量はいずれも多い所ですが、
北海道で100ミリから150ミリの見込みです。
東北や北海道は台風10号の爪痕がまだ残っています。
今回の雨で、土砂災害や洪水の危険度が再び高まる恐れがありますので、
早めに避難をするなど十分な警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい