台風13号と前線 滝のような雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風13号と前線 滝のような雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#台風

台風13号が接近中。本州付近は前線が延び、大気の状態が非常に不安定に。今夜から明日(8日)にかけて、近畿~関東、東北で激しい雨が降り、局地的に滝のような非常に激しい雨も。9日は北海道も大雨の恐れ。

台風13号接近中、本州には前線

台風13号は九州の南の海上を北東へ進んでいます。今夜には四国沖に達し、明日(8日)朝までに東海道沖で温帯低気圧に変わる見込みです。温帯低気圧に変わりますが、雨雲の元となる湿った空気を運ぶため、油断はできません。
本州付近には前線も延びていて、明日(8日)にかけて、大気の状態が非常に不安定になる見込みです
近畿から東北にかけては激しい雨が降り、局地的に非常に激しく降る所もあるでしょう。非常に激しい雨とは滝のような雨で、傘が全く役に立たないような降り方です。このような雨が降ると、都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込んだり、マンホールから水がふきでることもあります。アンダーパスなど低い道路の冠水にも注意が必要になります。土砂災害や河川の増水、氾濫にも注意が必要で、危険な斜面や増水した川には近づかないようにして下さい。

強雨に注意が必要な時間帯は?

【近畿】明日(8日)の朝にかけてが雨のピークです。激しい雨が降り、局地的に非常に激しく降るでしょう。朝の通勤・通学の時間帯と重なるため、明日の朝は時間に余裕を持った行動を心がけた方が良さそうです。
【東海】雨のピークは明日(8日)の明け方から昼前までです。激しい雨が降り、局地的に非常に激しく降るでしょう。こちらも通勤・通学の時間帯と重なるため、時間に余裕を持った行動を心がけて下さい。
【関東甲信】明日(8日)の朝から活発な雨雲がかかりはじめ、昼前後を中心に雨脚が強まるでしょう。非常に激しい雨の降る恐れがあります。沿岸部を中心に風が強まり、横なぐりの雨になることもあるでしょう。
【東北】明日(8日)の午後から9日(金)の朝にかけて活発な雨雲がかかるでしょう。非常に激しい雨の降る所もある見込みです。
【北海道】9日(金)は活発な雨雲がかかり、再び大雨となる恐れがあります。これまでの大雨で地盤が緩んでいたり、増水している河川もあります。危険な斜面や増水した川には近づかないようにして下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい