台風10号 最新の見通し 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風10号 最新の見通し

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

非常に強い台風10号は今後、北東に向かって進み、火曜日にかけて本州に接近、上陸する見込みです。

非常に強い台風10号

26日(金)の午後6時、非常に強い台風10号は南大東島の南の海上をゆっくりとした速さで東へ進んでいます。中心の気圧は945hPa、中心付近の最大風速は45m/sで非常に強い勢力まで発達しています。

今後の進路は

台風10号は今後、少しずつ速度を上げながら東よりに進む見込みです。28日(日)の午後3時には日本の南海上へ進みますが、台風の進路にあたる海域の海面水温が高いため、中心付近の気圧は925hPaまで発達する見込みです。中心付近の最大風速は50m/sとなるでしょう。
台風はその後も非常に強い勢力を保ちながら、29日(月)の午後3時には伊豆諸島の南東海上へ進みますが、その後は北へと進路を変える見込みです。
30日(火)の午後3時には東北から近畿にかけての広い範囲が予報円に入ります。そして31日(水)の午後3時には日本海へ抜ける見込みです。

上陸はいつ頃?どこへ?

予報円が大きい分、まだ進路が定まっていませんが、今のところ29日(月)の夜から30日(火)にかけては本州に上陸するおそれがあります。今後も最新の予報をこまめに確認するようにしてください。
※台風の予報円とは、台風の中心が70%の確率で入る範囲のことです。
この先、太平洋側の海上では次第に波が高くなり、西日本を中心に雨の強く降る所もありそうです。また、前回の台風9号のように関東地方に接近した場合、山沿いの地域では雨量がかなり多くなるおそれもあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫などに警戒してください。


日本気象協会 気象予報士 篠原正


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい